@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

錦鯉【ニシキゴイ】

デジタル大辞泉

にしき‐ごい〔‐ごひ〕【錦×鯉】
コイの色変わり種をもとに日本で改良された品種。色彩斑紋はきわめて多様。色。花鯉。変わり鯉。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

錦鯉
土田英生による戯曲初演は劇団MONO(2000年)。2001年、第45回岸田国士戯曲賞の候補作品となる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

にしきごい【錦鯉】
鯉の中で色彩や斑紋が美しく、観賞用に飼育されるものの総称。選抜育種したものや品種改良により、紅白・三色・丹頂などと鮮やかな美しい色模様に変化したものが多い。変わり鯉。色鯉。花鯉。模様鯉。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

錦鯉 (ニシキゴイ)
動物。観賞用にされるコイ総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

錦鯉[その他(工芸以外)]
にしきごい
北陸甲信越地方、新潟県の地域ブランド。
主に小千谷市で生産されている。錦鯉が初めて出現したのは、江戸時代中頃という。現在の新潟県中央部で食用として飼われていた真鯉に、突然変異で色のついた変種を発見し、観賞魚として養殖され始めたという。大正時代から昭和の初期にかけて、現在の主要3種が作出されて全国へと広がった。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にしき‐ごい ‥ごひ【錦鯉】
〘名〙 コイ目コイ科の一種コイの品種。マゴイの突然変異したものを飼育改良したもので、文化文政年間(一八〇四‐三〇)に新潟県下で作られた。美しい色彩や斑紋を有し、交配により種々の色調を持つ。色鯉、花鯉などとも呼ばれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錦鯉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

錦鯉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation