@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

錯体化学【さくたいかがく】

世界大百科事典 第2版

さくたいかがく【錯体化学 complex chemistry】
錯体を研究の対象とする化学の一部門。従来錯塩化学ということが多かった。配位化学と同意義に取り扱うこともある。有機化合物の多くがメタンベンゼンなどの本的な分子を各種の基で置換して誘導できるのに対し,無機化合物では,中心原子に各種位子が配位して生ずる錯体を含むものが多いことから,この分野が無機化学の最も基礎的なものの一つであるといえる。 19世紀の終りころ,ドイツのA.G.ウェルナーがそれまで理解できなかった遷移金属塩のアンモニア化合物,水和物その他の構造について,彼の配位理論によって解決したのがこの分野の出発点である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

さくたい‐かがく〔‐クワガク〕【錯体化学】
錯体を研究対象とする化学の一分野。主に金属錯体が対象となるが、広義には有機金属化合物、典型金属および金属以外の典型元素なども含まれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

錯体化学
さくたいかがく
complex chemistry

錯体を研究の対象とする化学の一部門。配位化合物の化学すなわち配位化学ともいう。古くは錯塩化学といっていた。19世紀の末から20世紀の初めにかけてスイスのA・ウェルナーが、無機化合物、とくに金属化合物の構造について正しい考え方、すなわち金属原子を中心として各種の配位子が配位するという考え方、配位理論をみいだし、この分野を確立して以来、急激な発展をみた。各種の立体配置を有する錯体を対象とするため、無機化学のうちでももっとも基礎的なものの一つとなっている。とくに構造化学的な要素が強く、X線結晶解析をはじめ各種の構造解析、あるいは分光学的手法を用い、錯体の立体構造が明らかにされつつある。また、中心金属と配位原子の結合を問題とするので、量子化学その他を含めた理論化学的色彩も濃く、それらの構造がどのように変化していくか、どの程度に安定かということを調べるために、各種の物理化学的手段がとられている。また安定な多座配位子によるキレート化合物、とくに天然物や生体内で各種反応による生成物中に重要なキレート化合物がみいだされていることから、生物化学、農芸化学、分析化学などとも密接な関係をもっている。最近では有機合成で重要な役割を果たす多くの金属触媒が有機金属錯体であることから、有機金属化合物が多くつくられるようになり、さらに芳香環錯体をはじめ各種のπ(パイ)電子が関与する錯体など膨大な分野が広がっているが、これらも基本的には金属錯体と考えられ、錯体化学の対象となっている。

[中原勝儼]

『ヒューイ著、小玉剛二・中沢浩訳『ヒューイ無機化学』上下(1984~1985・東京化学同人)』『F・A・コットン、G・ウィルキンソン著、中原勝儼訳『コットン・ウィルキンソン無機化学』上下・第4版(1987~1988・培風館)』『渡部正利・矢野重信・碇屋隆雄著『錯体化学の基礎――ウェルナー錯体と有機金属錯体』(1989・講談社)』『山崎一雄・吉川雄三・池田龍一・中村大雄著『錯体化学』改訂第2版(1993・裳華房)』『岩本振武・荻野博・久司佳彦・山内脩編『大学院錯体化学』(2000・講談社)』『基礎錯体工学研究会編『新版 錯体化学――基礎と最新の展開』(2002・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

錯体化学
サクタイカガク
chemistry of complex

錯体の物性,反応,構造などを研究対象とする科学の一分野.以前は錯塩化学とよばれていた.現在では,金属イオンを含む生体高分子金属酵素などの生物学領域,有機金属化合物錯体が集合してつくる層状集合体などまで,その領域が広がっている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錯体化学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

錯体化学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation