@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

錯視【さくし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

錯視
さくし
optical illusion
物理的な計測手段ではかられた長さ,大きさ,角度,方向ないしはそれらの幾何学的な関係が,ある種の条件のもとで,それとは著しく食違って見える現象視覚について現れる錯覚の一種であり,覚的錯覚とも呼ばれる。その例としては,(1) 幾何学的錯視,(2) 月の錯視,(3) 反転錯視 (同一図において2通りの見え方が交互に現れる現象をさし,ネッカーの立方体反転図形の見え方がその例) ,(4) 運動の錯視,などがある。 (→運動知覚 , シャルパンティエの錯覚 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さく‐し【錯視】
視覚における錯覚。形・大きさ・長さ・色・方向などが、ある条件や要因のために実際とは違ったものとして知覚されること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さくし【錯視 optic illusion】
視覚領域における錯覚をいい,他の感覚領域のものと同じようにいくつかの型に分けられるが,とくに生理的錯覚に属するものは数多くのものが存在する。これらの錯視は刺激対象が特別の形状配置にあるとき,実際とは違った形や大きさ,性質のものに見えてしまう現象であって,だれにでもほぼ等しく起こりうるものである。
[生理的錯視]
 (1)〈月の錯覚〉といわれるものは,月や太陽が地平線に近いときは中天にあるときよりも大きく見える現象であり,観察者の身体に対する方向関係から生じるもの,すなわち,身体の前方にあるものは見上げる方向にあるものより大きく見えると説明されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

錯視
さくし
visual illusion

視覚による錯覚のことで、明るさ、色、大きさ、長さ、形、方向、奥行、運動の錯視がある。錯覚の大部分は錯視である。錯視は、刺激を注意深く観察しても、またそれを熟知する人が観察しても明確に生じる。日常生活において、分量は小さくても、錯視と同様のずれや歪(ゆが)みを生じている場合が多いが、そのずれや歪みが顕著に生じる場合を錯視という。

 錯視はなんら特殊な異常な現象でなく、正常な知覚である。錯視の研究は、知覚全般を支配する一般原理を探るための有効な手段と考えられている。

 錯視を分類すると、幾何学的錯視、多義図形の錯視、逆理図形の錯視、月の錯視、対比錯視、運動の錯視、勾配(こうばい)の錯視、方向づけの錯視となる。

[今井省吾]

幾何学的錯視

大きさ(長さ・面積)、方向、角度、曲線などの平面図形の幾何学的関係が、物差しや定規によって測った客観的関係と食い違って見られる錯視現象である。多くの錯視図形には、発見者や考案者の名がつけられている。この錯視を便宜的に分類すると次のとおりである。

(1)角度方向錯視 ポッゲンドルフPoggendorff図形では、斜線がずれ、ツェルネルZöllner図形では、縦の平行線が互いに傾いて見られる。

(2)湾曲錯視 ブントWundt図形では、2本の平行線が湾曲して凹レンズ状に見える。

(3)大きさの錯視 ミュラー・リヤーMüller-Lyer図形では、矢線に挟まれた直線の長さは同じであるが、外側矢線条件のほうが内側矢線条件に比べ著しく過大視される。ヘルムホルツHelmholtzの正方形では、横縞(よこじま)で等分割された正方形は縦に長い長方形に見え、縦縞で等分割された正方形はやや横に長い長方形に見える。円環対比図形では、円環内の中央の円は左右同じ大きさであるが、左の円のほうが過大視される。ジャストローJastrow図形では、上下同じであるが、下のほうが過大視される。ポンゾPonzo円筒では、三つの円筒の大きさは同じであるが、遠方の円筒のほうが手前の円筒よりも過大視される。

 幾何学的錯視の規定条件や要因は多様であり、この錯視は予想以上に複雑な現象である。現在のところ、妥当な統一的説明理論は確立されていない。

[今井省吾]

多義図形による錯視

同一図形で2種以上の見え方が可能なもの。図と地の反転図形(ルビンRubinの杯と顔)や、遠近の反転図形(ネッカーNeckerの立方体)などがある。

[今井省吾]

逆理図形による錯視

矛盾図形、不可能図形。ペンローズPenroseの三角形のように、二次元的平面上に示される奥行の特徴を部分的に見れば解釈可能だが、まとめて知覚されると全体的形態は三次元的に不可能なように見られる図形である。

[今井省吾]

『W・メッツガー著、盛永四郎訳『視覚の法則』(1968・岩波書店)』『R・L・グレゴリー著、船原芳範訳『見るしくみ――目と脳の生理学』(1970・平凡社)』『R・L・グレゴリー著、金子隆芳訳『インテリジェント・アイ――見ることの科学』(1972・みすず書房)』『和田陽平・大山正・今井省吾編『感覚知覚心理学ハンドブック』(1969・誠信書房)』『今井省吾著『錯視図形――見え方の心理学』(1984・サイエンス社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さく‐し【錯視】
〘名〙 (optical illusion の訳語) 長さ、形、大きさ、方向、色、奥行などの視覚の領域で生じる歪みのこと。幾何学的錯視、遠近の錯視など多くの例がある。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錯視」の用語解説はコトバンクが提供しています。

錯視の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation