@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鍋島緞通【ナベシマダンツウ】

デジタル大辞泉

なべしま‐だんつう【鍋島×緞通】
佐賀県で織られていた綿緞通。江戸中期ごろ、中国の緞通の技法にならって創製鍋島氏佐賀藩生産を奨励していたところからの名称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なべしまだんつう【鍋島緞通】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典 日本の地域ブランド・名産品

鍋島緞通[染織]
なべしまだんつう
九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
久留米市で製作されている。江戸時代の17世紀末、佐賀の古賀清右衛門が、中国人から技術を習ったのが起源。緞通とは、植物染料で染めた木綿糸をたてばた式の織機で手織りしたもの。江戸時代には佐賀・堺・赤穂などで生産された。現在、九州地方では久留米で生産が続けられ、蟹牡丹唐草文様などの伝統模様のもののほか、インテリア用の新しい製品も生産されている。福岡県特産民芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍋島緞通[染織]
なべしまだんつう
九州・沖縄地方、佐賀県の地域ブランド。
佐賀市で製作されている。江戸時代の元禄期、中国緞通の技法をもとに始まった。精巧で雅趣に富んでいたことから鍋島藩はその生産を奨励し、御用品として一般の売買じた。明治以降、禁がとかれて発展した。佐賀県伝統的地場産品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なべしま‐だんつう【鍋島緞通】
〘名〙 肥前国(佐賀県)で織り出された綿織りの緞通。近世、中国の緞通の技法に従って創製、鍋島家で生産を奨励したところからの名。鍋島毛氈。鍋島。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍋島緞通」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鍋島緞通の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation