@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【かぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かぎ
谷崎潤一郎の長編小説。 1956年発表。いわば人生の楽しみをし尽した思いのする 56歳の大学教授である夫は,45歳になっても豊満な肉体をもつ妻郁子への思いを捨てきることはできない。しかし精神的にも肉体的にも衰え,死の予感すら覚える夫は,日記に性を楽できる放恣な女性に妻を仕立てあげたいと書き,その日記を入れた引出しの「鍵」をわざと落しておく。その鍵を拾って夫の日記を見た妻は,夫の期待に添う意志のあることを日記に述べ夫に読む機会を与える。この異常な夫婦の心的交渉に,その娘,娘の愛人などを配し,策略駆引きのもとに展開する倒錯した性の世界が描かれる。若き日,悪魔主義を唱えて文壇にはなばなしく登場した作者の官能的,耽美的な世界を円熟境地で完成した作品として高い評価を受け,海外へも広く紹介されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


かぎ
key
の中にあるタンブラー (可動障害片) の位置を調整し,やはり錠の中にあるボルト (かんぬき) を動かして戸締りをしたり,または錠の中にあるワード (固定障害片) を避けて,ボルトを動かしたりするのに必要な道具。鍵を使って開閉する錠を箱錠といい,建具用の錠前としてはいちばん多く使われている。錠にはある特定の合鍵以外の鍵は使えないようになっている。各錠に固有の鍵のほかに特別につくられた鍵で,多数の錠を開けることができるようにしたのをマスターキーと呼んでおり,ホテルや貸事務所では,欠くことのできないものである。鍵の変化数は固定障害片の場合には4~12であるが,可動障害片となると無数に可能である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かぎ【鍵/×鑰】
鉤(かぎ)と同語源》
錠(じょう)に差し込み、開閉するための金属製の道具。キー。「ドアに―をかける」
錠前そのもの。錠。
物事を理解したり、解決したりするのに最も大切な事柄。キー。「事件解決の―を握る」
紋所の名。鍵を組み合わせた文様

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん【鍵】
ピアノ・オルガンタイプライターなどの、指先で押したりたたいたりする部分。キー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん【鍵】[漢字項目]
常用漢字] [音]ケン(漢) [訓]かぎ
かぎ。「関鍵
オルガン・ピアノなどのキー。「鍵盤黒鍵電鍵白鍵
手引き。かなめ。「秘鍵

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

鍵〔1997年〕
1997年公開の日本映画。谷崎潤一郎原作の同名小説の映画化。監督脚本:池田敏春、原作:谷崎潤一郎、脚本:白鳥あかねほか、撮影:前田米造。出演:川島なお美、柄本明、大沢樹生、辻香緒里、今井健二、三谷昇、二木てるみほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍵〔1974年〕
1974年公開の日本映画。谷崎潤一郎原作の同名小説の2度目の映画化。監督・脚本:神代辰巳、原作:谷崎潤一郎、撮影:姫田真左久。出演:観世栄夫、荒砂ゆき、渡辺督子、河原崎建三、加藤嘉、安藤繁子、絵沢萠子ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍵〔1983年〕
1983年公開の日本映画。谷崎潤一郎原作の同名小説の3度目の映画化。監督・脚本:木俣堯喬、原作:谷崎潤一郎、撮影:伊東英男。出演:松尾嘉代、田口由緒、江上真吾、渡辺文雄、山谷初男、永井秀明、原知佐子ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍵〔1959年〕
1959年公開の日本映画。英題《Odd Obsession》。監督・脚色市川崑、原作:谷崎潤一郎、脚色:和田夏十ほか、撮影:宮川一夫。出演:京マチ子、叶順子、仲代達矢中村鴈治郎北林谷栄菅井一郎、倉田マユミほか。ゴールデングローブ賞外国語映画賞、カンヌ国際映画祭審査員賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぎ【鍵 key】
戸,引出し,箱などに取りつけ,差しかためて,しまりとする器具を錠あるいは錠前lockといい,これを開閉する具を鍵という。一対で用いられ,一般に〈鍵をかける〉などというように両者は混同されることが多い。錠の起源は古く,現存するもののうち最古のものはニネベの宮殿址から発見された木製の錠である。今日でも雨戸などに使われている〈さる〉や閂(かんぬき)などの木製の差込み棒も,単純な形式の錠であり,この原理は西洋も東洋もかわらない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

家とインテリアの用語がわかる辞典

かぎ【鍵】
錠(じょう)の穴に入れて、開閉を操作する器具。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん【鍵】
〘名〙
① かぎ。〔周礼‐地官・司門〕
② ピアノ、オルガン、タイプライターなどの指でたたく部分。キー。鍵盤。〔音楽字典(1909)〕
③ 木管楽器や金管楽器で、指先で押したり離したりして変音させる装置。キー。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鍵の関連情報

関連キーワード

新藤兼人[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三ソビエト連邦史(年表)市川崑コーマン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation