@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鍾乳洞【ショウニュウドウ】

デジタル大辞泉

しょうにゅう‐どう【×鍾乳洞】
石灰岩割れ目から入った雨水や地下水の溶解作用によってできた窟(どうくつ)。洞窟内は地下水が流れ、天井からは鍾乳石、下には石筍(せきじゅん)が立ち並ぶことが多い。石灰洞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうにゅうどう【鍾乳洞】
地下水系の発達した石灰岩地域では,地下水の溶食作用によって大小の洞穴が生じる。これらを一般に石灰洞limestone caveというが,多くの場合,洞内は石灰華堆積によって乳石stalactiteなどが発達しているので,このような洞をとくに鍾乳洞という。しかし,実際には両者をはっきり区別しないことが多い。ふつう,小さい洞は石灰岩の節理や層理あるいは断層に沿って地下水の選択的溶食がはたらき,空隙がひろがったもので,垂直洞(竪穴)や傾斜洞が多く,大きい洞では長い水平洞(横穴)が主洞をなし,これにつながるいくつもの支洞があって,数段に分かれたり,竪穴によって地表に連絡するものもあり,複雑な洞穴形態をもっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鍾乳洞
しょうにゅうどう

石灰洞ともいい、カルスト地形の一種。石灰岩地域の地下に地下水の溶食によってできた洞穴(どうけつ)。石灰岩地域に降った雨は、地表を流れるとともに速やかに浸透し、地下水として流動しつつ地中に迷路状の洞穴をつくる。これは、石灰岩の主成分である炭酸カルシウムが炭酸ガスを含む地下水と次のような可逆反応をおこし、可溶性の重炭酸カルシウムを生ずるからである。

  CaCO3+CO2+H2O⇄Ca(HCO3)2
 この反応によって石灰岩が溶け、洞穴ができると、天井からにじみ出てくる重炭酸カルシウムの溶液が洞中に水滴となって落下し、炭酸カルシウムを晶出する。これが長年の間に天井からつらら状に成長して鍾乳石をつくり、一方、水滴の落下する洞床上にはタケノコ状の石筍(せきじゅん)をつくる。鍾乳石と石筍とが接続して石灰柱を形成することもある。洞底を流れる地下水流が、滝や早瀬で多数の皿を重ねたような形の石灰華段丘(せっかいかだんきゅう)(百枚皿)などを形成し、洞穴はしだいに閉塞(へいそく)されていく。

 鍾乳洞は数段に分かれてつくられていることもあり、洞穴内を地下川(ちかせん)が流れていることも多い。迷路状になった地下川の流向や流域内の流量を正しく求めることはきわめて困難であるが、1970年代以降、アイソトープ(同位体)などを用いて、石灰岩地域の地下水系を明らかにしようとする研究も進んできた。洞穴内の水質は流量や水温、天井の厚さとか地表の植生などに支配され、かならずしも一定ではないが、一般的にカルシウム硬度に起因しての総硬度、蒸発残留物、pH(水素イオン濃度)などがきわめて高く、飲料水には適さない。

 世界最大の鍾乳洞は、アメリカのケンタッキー州にあるマンモス・ケーブ国立公園のもので、長さ580キロメートル以上、最大幅150キロメートル、高さ80メートルにも及ぶ。アドリア海に沿ったバルカン半島のディナル高原地帯には20余りの大きな鍾乳洞が分布しているが、スロベニアのポストイナの洞窟(どうくつ)は有名で洞内に軌道が敷かれ、機関車に乗って見物するほどのものである。日本では、岩手県の安家(あっか)洞(長さ23.7キロメートル、日本で最長)、広島県帝釈(たいしゃく)台の白雲洞、山口県秋吉台の秋芳(あきよし)洞、高知県の龍河(りゅうが)洞、大分県の風連(ふうれん)洞などが有名。鍾乳洞は、陸水学、地質学、生物学、考古学などの研究対象として重要で、これらを総合した洞穴学という学問分野がある。鍾乳洞は、まだまだ調査研究を行うべき段階にあると考えられている。

[三井嘉都夫]

『河野道弘著『秋吉台の鍾乳洞』(1980・帰水会)』『山内平三郎著・写真『鍾乳洞の世界』(1985・沖縄出版)』『桜井進嗣著『未踏の大洞窟へ 秋芳洞探検物語』(1999・海鳥社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうにゅう‐どう【鍾乳洞】
〘名〙 カルスト地形の一種。雨水や地下水が石灰岩を溶食して生じた洞窟。天井から鍾乳石がたれ下がり、床に落ちたものが石筍(せきじゅん)を生じ、奇観を呈する。岩手県の安家(あっか)洞、山口県の秋芳洞などが有名。石灰洞。
※続春夏秋冬(1906‐07)〈河東碧梧桐選〉夏「凉しさや鐘乳洞の水明り〈暁村〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鍾乳洞
しょうにゅうどう
石灰洞」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍾乳洞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鍾乳洞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation