@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鎌倉三代記【かまくらさんだいき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鎌倉三代記
かまくらさんだいき
浄瑠璃。時代物。 (1) 紀海音作。5段。正徳6 (1716) 年正月大坂豊竹座初演といわれる。浮世草子『頼朝三代鎌倉記』 (同2) の影響下に成立。 (2) 双木 (なみき) 千竹,吉田鬼眼増補。 10段。安永 10 (1781) 年江戸肥前座初演。明和7 (1770) 年に大坂落城を扱う部分が当局を刺激して上演差止めとなった『太平頭鑿飾 (かぶとのかざり) 』の一部を改めた異本の一つとみられる。徳川豊臣対立というテーマを薄め,鎌倉時代に舞台を移して,北条時政の娘時姫と彼と対立する源頼家の家臣三浦之助義村が恋と忠義の板ばさみになって苦悩する姿を描く。7段目「絹川村閑居」は,悲痛な内容ながらはなやかな東風 (ひがしふう) の名曲として有名。 (1) (2) ともに,禁書や上演禁止の脅威にさらされながらも,徳川政権の成り立ち・宿命を鋭い歴史・政治感覚でとらえた作品群に数えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かまくらさんだいき【鎌倉三代記】
浄瑠璃時代物。五段。紀海音(きのかいおん)作。享保3年(1718)大坂豊竹座初演。比企(ひき)判官一味の源頼家に対する謀反題材としたもの。
浄瑠璃。時代物。十段。近松半二作と推定される。天明元年(1781)江戸肥前座初演。大坂夏の陣を鎌倉時代に託して脚色したもの。通称鎌三(かまさん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かまくらさんだいき【鎌倉三代記】
人形浄瑠璃。同名の曲に2種ある。(1)時代物。5段。紀海音作。1716年(正徳6)1月推定,大坂豊竹座初演。絵尽しによれば豊竹上野少掾・竹本喜代太夫・竹沢権右衛門など出演。頼家を津山介十郎,若狭の前を藤井小三郎源頼家とその外戚比企能員(よしかず)の謀反を描く。能員は京の遊女2人を養い,1人を若狭の前として頼家の室とし,外戚の権力を振るう。あと1人の浅茅(あさぢ)が畠山重保と恋仲なのを利用して朝比奈三郎に嫁入させ,和田・畠山両家を不和にさせ将軍家を横領しようと計る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鎌倉三代記
かまくらさんだいき

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。10段。近松半二作と推定。1781年(天明1)3月、江戸・肥前座初演。大坂夏の陣を鎌倉時代に仮託して脚色、作中の源頼家(よりいえ)が豊臣秀頼(とよとみひでより)、北条時政(ときまさ)が徳川家康、時姫が千姫、三浦之助が木村重成(しげなり)、佐々木高綱が真田幸村(さなだゆきむら)を暗示する。半二作『近江源氏先陣館(おうみげんじせんじんやかた)』の続編にあたる作で、通称「三代記」「鎌三(かまさん)」。七段目の「絹川村」(三浦別れの段)だけが後世に残り、歌舞伎(かぶき)でもよく上演される。源頼家と北条時政の合戦の最中、頼家方の三浦之助は、母が大病と聞いて戦場から絹川村の閑居に駆けつける。時政の娘時姫は三浦之助と恋仲なので、父に背いて看病にきている。三浦之助は時姫に時政を討てと命じ、姫は苦悩のすえに承知する。頼家方の軍師佐々木高綱は時政幕下の軍兵になりすまし、この閑居に忍んでいたが、姫の決心を知ると大いに喜び、三浦之助を励まして戦場に向かわせる。佐々木、三浦之助、時姫の3主役均等に見せ場があり、とくに恋のために父を討とうと決心する情熱的な時姫は「三姫」の一つとされる難役。

 なお、紀海音(きのかいおん)に、頼家の外戚(がいせき)比企(ひき)判官の謀反を描いた同題の浄瑠璃があり、1718年(享保3)正月、大坂・豊竹(とよたけ)座で初演されたが、上演は絶えている。

[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かまくらさんだいき【鎌倉三代記】
[一] 浄瑠璃。時代物。五段。紀海音作。正徳六年(一七一六)大坂豊竹座初演。源頼家と外戚の比企能員(よしかず)との謀叛(むほん)を中心に脚色したもの。
[二] 浄瑠璃。時代物。一〇段。作者未詳。安永一〇年(一七八一)江戸肥前座初演。大坂夏の陣を鎌倉時代のできごとに仮託して脚色したもの。「近江源氏先陣館(おうみげんじせんじんやかた)」の続編「太平頭鍪飾(かぶとのかざり)」の上演が差し止められたために作られた改作で、作者も正編と同じ近松半二らと推定される。鎌三(かまさん)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

鎌倉三代記
かまくら さんだいき
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
紀海音
補作者
近松徳叟 ほか
初演
享保4.1(京・大和山座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎌倉三代記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎌倉三代記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation