@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鎌槍【カマヤリ】

デジタル大辞泉

かま‐やり【鎌×槍】
穂先に鎌形の刃が枝のように出ている。左右に枝をつけたのを両槍、一方にだけ出したのを片鎌槍という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かまやり【鎌槍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鎌槍
かまやり

槍の一種で、槍の身(み)(穂(ほ))に鎌枝のある槍の総称。枝が片方のみにあるもの、また枝が左右両方にあっても一方が長く他方が短いものも片(かた)鎌槍といい、加藤清正(きよまさ)が愛用したと伝える片鎌槍は、鎌の先端の反りとバランスの整った造形美をもって知られる室町中期の代表作である。一方、左右両方に鎌枝のあるものを両(りょう)鎌槍といい、枝の位置、方向(上下)などにさまざまのくふうが凝らされ、なかでも宝蔵院流の十文字槍が有名である。

[渡邉一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かま‐やり【鎌槍】
〘名〙
① 刃に枝の付いた槍。鎺(はばき)に近く左右に月形の枝を付けたのを両鎌槍、一方にだけ出したのを片鎌槍という。
※永祿記(江戸初)「御同朋福阿彌は鎌鑓にて相戦、則、此鑓にかかれるもの数十人」
② 紋所の名。
※浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)鑓じるし「蝋蠋鞘(らうそくざや)と鎌槍は筑後の久留米」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎌槍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎌槍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation