@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鎌髭【カマヒゲ】

デジタル大辞泉

かま‐ひげ【鎌×髭】
鼻の下から左右へ、にはね上げたひげ江戸時代奴(やっこ)などが生やした。また、油墨でかいたものもある。やっこひげ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かまひげ【鎌髭】[歌舞伎]
歌舞伎十八番の一。安永3年(1774)江戸中村座初演の桜田治助作「御誂染曽我雛形(おあつらえぞめそがのひながた)」二番目の大切(おおぎり)原形。現在のものは、明治になってからの、竹柴金作の新脚色。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かま‐ひげ【鎌髭】
[1] 〘名〙 鼻の下から左右へ鎌をさかさまにしたような形にはね上げたひげ。江戸時代、奴(やっこ)などの多く生やしたもの。また、油墨で描いたものもある。奴髭。
※浄瑠璃・平家女護島(1719)三「おらが様な者に此のかま髭で頬づりはいたかろもの」
[2] 歌舞伎十八番の一つ。「六部」ともいう。安永三年(一七七四)江戸中村座で初演された桜田治助作の「御誂染曾我雛形(おあつらえぞめそがのひながた)」の第二番目の大切(おおぎり)が原形。鍛冶屋四郎兵衛、実は三保谷が髭そりにかこつけて六部快哲、実は景清の首を鎌でかこうとするが、不死身なので切れず、両者がにらみ合うという筋。現在のものは、明治になって竹柴金作が「将門記」の世界に脚色し直したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

鎌髭
かまひげ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
竹柴其水
初演
明治43.10(東京・明治座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎌髭
(通称)
かまひげ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
曾我𧚄愛護若松
初演
明和6.1(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎌髭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎌髭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation