@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鎖鎌【クサリガマ】

デジタル大辞泉

くさり‐がま【鎖鎌】
鎌に長いをつけ、その先に分銅(ふんどう)をつけた武器。また、それを用いる武芸分銅を投げつけ、鎖を敵の武器に絡みつかせ、引き寄せてで切りつける。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くさりがま【鎖鎌】
室町末期ころから発達した武器で,鎌の部分,あるいは柄の下端部に長い鎖をつけ,その先端部に鉄の分銅をつけたもの。その起りは,おそらく平安末期から鎌倉初期の源平の戦乱のころ,農民戦いに参加して,さまざまな道具が武器として使われるようになって,しだいにくふうされてきたものであろう。片手に鎌のついた柄を握って構え,片手で分銅のついた鎖を振り回して分銅で相手を打ちつけ攻撃し,また鎖を相手の武器に巻きつけてこれを奪い,引き寄せて鎌で相手を打ち切り,かき切る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鎖鎌
くさりがま

鎌は本来、農具であるが、『源平盛衰記』『義経記』などには武器の薙鎌(なぎがま)として登場する。戦国時代の文書にも軍陣に鎌を携帯することがみえ、琉球(りゅうきゅう)古武術として鎌術が現存している。武器としての鎌に、分銅のある鎖をつけたものが鎖鎌で、鎖を打ち振りつつ分銅を相手の身体に打ち付けたり、相手の武器、手、首に巻き付け、さらに武器を打ち落としたりして、鎌で攻撃する。鎌の刃は9~30センチメートル、柄(え)は20~50センチメートル程度。戦国時代に案出されたともいい、江戸時代は武術の一つとしても行われた。現在、日本古武道協会の調べによると、天道流、直心影流、一心流などに鎖鎌術が伝承されている。

[齋藤愼一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くさり‐がま【鎖鎌】
〘名〙 武器の一つ。鎌に長い鎖をつけ、その先に分銅(ふんどう)をつけたもの。分銅を相手に投げつけて、武器にからみつかせ、引き寄せて、鎌で斬りつけたり首を掻いたりするもの。
※俳諧・二葉集(1679)「くさり鎌もれて出たる三ケの月 雲居に落る雁の細首〈芭蕉〉」
※浄瑠璃・彦山権現誓助剣(1786)七「直に踏込み打ちかくるを、くぐるは神力くさり鎌(ガマ)、ちゃうちゃうはっしと請止めて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎖鎌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎖鎌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation