@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鎖鑰【サヤク】

デジタル大辞泉

さ‐やく【鎖×鑰】
錠と鍵。また、戸締まり。
「密房に入り、―を施し」〈中村訳・西国立志編
外敵侵入を防ぐ重要な場所。要所

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さ‐やく【鎖鑰】
〘名〙
① 錠前(じょうまえ)と鍵。また、錠をさし、鍵をかけること。戸じまりをきちんとすること。
※参天台五台山記(1072‐73)三「籠子鏁鑰一ケ百三十文」
※随筆・独寝(1724頃)上「戸をたてて鎖鑰をかけると云事はなぜに」 〔韓愈‐竹洞詩〕
② (比喩的に用いて) 外敵の侵入を防ぐ重要な場所。往来や出入りの、だいじな所。要地。要所。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉四「以て我北門の鎖鑰を叩き、黒龍江上に東洋艦隊を浮べ」 〔宋史‐寇準伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎖鑰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎖鑰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation