@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鎧戸【ヨロイド】

デジタル大辞泉

よろい‐ど〔よろひ‐〕【×鎧戸】
小幅の横板を傾斜をもたせて並べた鎧板を取り付けてある戸。錣戸(しころど)。がらり戸。
シャッター1

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よろいど【鎧戸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

家とインテリアの用語がわかる辞典

よろいど【鎧戸】
➀鎧板と呼ばれる横に細長い板を、一定の傾斜をつけて何枚も平行に取り付けた戸。日よけ・目隠しとなり、同時に通風・換気ができる。特に、雨戸など屋外に面して取り付けたものをいうことが多い。◇「がらり戸」ともいう。⇒ルーバー扉
➁シャッター。⇒シャッター

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よろい‐ど よろひ‥【鎧戸】
〘名〙
① 鎧板をとりつけた戸。がらり戸。
※太政官(1915)〈上司小剣〉三「硝子戸も鎧戸も開けて見ると、外は朧の月夜であった」
② 金属製の巻き上げ式扉。シャッター。
※秘密(1955)〈安岡章太郎〉「建ち並んだビルディングはどれもこれも鎧戸をすっかり下ろしてゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎧戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎧戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation