@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鎮痛薬【ちんつうやく】

世界大百科事典 第2版

ちんつうやく【鎮痛薬 analgesic】
痛みを抑制する薬剤。痛みには,たとえば頭痛腹痛筋肉痛あるいは外傷痛などのように,その発生部位や原因によって種々のものがあり,したがって痛みを鎮める薬物多種のものがある。しかしながら,薬理学的に鎮痛薬といえば,中枢神経系に作用して,通常の用量で特異的に痛みだけを抑制する薬物をいい,たとえば,麻酔薬のように意識全般の消失によって痛みを感受させないものや,消化管痙攣けいれん)による痛みに対して,末梢的に作用する鎮痙薬などは含めない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鎮痛薬
ちんつうやく

鎮痛剤。俗にいう痛みどめのことで、中枢神経に作用して、意識を失うことなく疼痛(とうつう)を取り除き、または軽減する薬剤をいう。麻薬性鎮痛薬と非麻薬性鎮痛薬がある。麻薬性鎮痛薬にはアヘンを原料とする天然麻薬と、純化学的に合成した合成麻薬があり、非麻薬性鎮痛薬にはペンタゾシン、ブプレノルフィン塩酸塩などがあり、そのほかアセトアミノフェンをはじめとする解熱鎮痛薬および消炎鎮痛薬がある。

[幸保文治]

麻薬性鎮痛薬

(1)天然麻薬 鎮痛薬でもっとも有効なものはアヘンアルカロイド製剤の塩酸モルヒネであるといわれる。これは耽溺(たんでき)性、習慣性があり、禁断現象がみられることから、麻薬及び向精神薬取締法で規制されている。また、これの欠点は呼吸麻痺(こきゅうまひ)がみられることである。ほかにアヘンアルカロイド製剤としては、アヘン末、アヘン散、アヘン吐根散(とこんさん)(ドーフル散)、アヘンアルカロイド塩酸塩注射液(「オピアル」)、アヘンアルカロイド・アトロピン注射液(「オピアト」)、アヘンアルカロイド・スコポラミン注射液(「オピスコ」「パンスコ」「弱パンスコ」)などがある。塩酸モルヒネは注射液のほか、内用として顆粒(かりゅう)、錠剤、液剤、カプセルがあり、外用には坐薬(ざやく)が繁用される。塩酸ジエチルアセチルモルヒネ(ヘロイン)は鎮痛作用がもっとも強いが、副作用も大きいため医薬品としては使用されない。その持ち運びも世界中で規制されている。

(2)合成麻薬 ペチジン塩酸塩、フェンタニールクエン酸塩があり、配合剤に「ペチロルファン」「弱ペチロルファン」「タラモナール」がある。

[幸保文治]

非麻薬性鎮痛薬

モルヒネ代用薬として、ペンタゾシン、ブプレノルフィン塩酸塩、酒石酸ブトルファノール、トラマドール塩酸塩、エプタゾシン臭化水素酸塩があり、いずれも癌(がん)性および術後の疼痛に注射、錠剤、坐薬として応用される。

 このほかに解熱鎮痛消炎剤として、非ピリン系のアセトアミノフェン、ピリン系のスルピリンがある。

 もっとも多く痛みどめとして用いられるのが非ステロイド性抗炎症剤で、解熱・抗血栓作用も有する。アスピリン、メフェナム酸(「ポンタール」)、ロキソプロフェン(「ロキソニン」)、イブプロフェン(「ブルフェン」)、ジクロフェナクナトリウム(「ボルタレン」)、インドメタシンなどがある。

[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちんつう‐やく【鎮痛薬】
鎮痛剤」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎮痛薬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎮痛薬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation