@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鎮静薬【ちんせいやく】

世界大百科事典 第2版

ちんせいやく【鎮静薬 sedative】
緊張と不安を解き,また就寝時に眠りやすくするために用いる薬物総称。大脳皮質を軽度に抑制すれば目的が達せられるので,通常,バルビツレート抱水クロラール,ブロムワレリル尿素,グルテチマイドメチプリロンなどの催眠薬が用量を減少して鎮静薬として用いられる。最近では,図のような薬物よりもベンゾジアゼピン系抗不安薬(クロルジアゼポキシド,ジアゼパム,ニトラゼパム,フルラゼパムなど)が鎮静の目的で用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鎮静薬
ちんせいやく
大脳皮質の異常な機能亢進(こうしん)による興奮状態を和らげるために用いる薬剤。鎮静剤。不眠、不安、苦悶(くもん)、疼痛(とうつう)、けいれんなどの治療に用いられる。睡眠薬の少量投与が鎮静効果を有するところから、睡眠・鎮静薬として分類される。ブロム化合物(臭化カリウム、臭化ナトリウム、臭化カルシウム)およびカノコソウが代表的薬物であったが、現在ではほとんど用いられていない。睡眠薬のバルビツール酸系もこの目的でよく使用されたが、現在はフェノバルビタール以外はあまり用いられない。マイナートランキライザー(穏和精神安定剤)のベンゾジアゼピン系薬物その他の向精神薬が従来の鎮静薬にかわって主流となりつつある。生薬(しょうやく)ではパッシフローラエキスやその配合剤が新薬として使用されている。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎮静薬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鎮静薬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation