@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鏡物【かがみもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鏡物
かがみもの
大鏡』『今』『水鏡』『増鏡』など「鏡」を書名にもつ歴史物語をいう。「鏡物類」ともいう。老人昔物語という体裁で,史実を述べ,間に感想,批判をはさんでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かがみ‐もの【鏡物】
書名に「鏡」のつく、和文の歴史物語の総称。「大鏡」「今鏡」「水鏡」「増鏡」など。鏡類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かがみもの【鏡物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かがみもの【鏡物】
は歴史の意
和文の歴史物語の中で、「鏡」の字のつく「大鏡」「今鏡」「水鏡」「増鏡」などをいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鏡物
かがみもの
歴史物語のなかで、『大鏡(おおかがみ)』の創始した問答、座談形式の歴史叙述を用いたもの。『大鏡』『水鏡』『増鏡(ますかがみ)』を三鏡(さんきょう)とよび、これに『今鏡』を加えて四鏡(しきょう)ともいう。『秋津島(あきつしま)物語』『月の行方(ゆくえ)』『池の藻屑(もくず)』などは体裁だけ模倣した擬古的な作品である。これらの作品では、まず序文で語り手と聞き手を設定し、それらの人々の問答、座談によって物語が展開し、作者はかたわらでそれを観察しながら筆録する体裁になっている。とくに『大鏡』は、この問答、座談形式が首尾一貫し、歴史の表裏明暗を多角的にとらえて、歴史の真実を照らし出すのに効果をあげているが、『今鏡』『水鏡』は形式的で、問答、座談形式の機能が十分に生かされず、『増鏡』は形式的にも不完全である。
 なお、作品名に共通の「鏡」の語は、『今鏡』では亀鏡(きけい)の意で、歴史を鑑戒(かんかい)の資となす考えがうかがえるが、それ以外の作品では、真正なものを映し出す明鏡の意である。[竹鼻 績]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かがみ‐もの【鏡物】
〘名〙 「鏡」の字が作品名の下につく歴史物語の総称。「大鏡」「今鏡」「水鏡」「増鏡」など。鏡。鏡類。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏡物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鏡物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation