@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鏡肌【かがみはだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鏡肌
かがみはだ
slickenside
断層運動に伴う摩擦によって生じるのように磨かれた断層面。しばしば断層のずれの方向を示す条線をもつ。硬くて均質な岩石によくみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かがみ‐はだ【鏡肌】
断層に沿って岩盤がずれ動いたときの摩擦で生じた、鏡のような光沢のある面。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

鏡肌
断層運動に伴う摩擦によって,断層に隣接した岩石の両面に生じた鏡のように光る滑らかな表面.この面の間には断層の動きの方向と平行した向きの細かい線構造をもっている[Arkell & Tomkeieff : 1953].中世の英語でslikeは滑らか(smooth)の意味.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かがみはだ【鏡肌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かがみはだ【鏡肌】
断層面上に摩擦で生じる平らな鏡のような光沢のある面。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鏡肌
かがみはだ
断層運動の繰り返しにより、断層の両側の岩石が互いにこすれ合って磨かれることで生じた、鏡のように滑らかで光沢をもった断層面のこと。断層角礫(かくれき)の表面や、断層ガウジの内部に観察される。鏡肌上には、条線とよばれる、断層運動の方向に平行な擦り傷が認められることが多い。[村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏡肌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鏡肌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation