@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鐘楼【しょうろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鐘楼
しょうろう
梵鐘を掛ける寺院付属の堂舎。七の一つ。「しゅろう」とも読み,俗に鐘撞堂釣鐘堂という。寺院生活の時報役割をもつ。経楼と対し,鼓楼とともに伽藍両翼に位置するのが古い形式である。単層重層に大別されるが,古代中世近世とさまざまに変化しており,現在では,高い土台の上に四本柱を立て,四方を吹抜きにしたものが一般的である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅ‐ろう【鐘楼】
しょうろう(鐘楼)」に同じ。
「―の影が何となくさびしく」〈花袋田舎教師

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐ろう【鐘楼】
寺院の境内にある、梵(ぼんしょう)をつるす建造物。かねつき堂。しゅろう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうろう【鐘楼】
宗教建築や都城にあり,時刻や緊急情報などを知らせるため鐘を設置した建物。太鼓を置いたものは鼓楼という。高層とされることが多く,重い鐘を支える補強の構造をもつ。仏教寺院では時刻や非常を告げる施設として必ず設けられ,鐘の響きは功徳になるとされた。楼閣形式の実例は法隆寺西院に,袴腰(はかまごし)形式の例は大津市石山寺などにある。袴腰は中国の版築による高台形の楼台外形を模したもので,古くは表面をしっくい仕上げとし,中世以降は下見(したみ)板壁外装とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうろう【鐘楼】
寺院の、梵鐘ぼんしようをつるす堂。かねつき堂。しゅろう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鐘楼
しょうろう
鐘を吊(つ)り下げて撞(つ)き鳴らすための建物。「しゅろう」とも読み、俗に釣鐘(つりがね)堂という。古代の寺院では伽藍(がらん)を構成する主要な建物の一つで、金堂の背後に経楼と対称に配された。建物が楼(たかどの)としてつくられたのは、鐘を高い位置に吊るしたほうが遠くまで響くからであったろう。古代中国の様式を模したと推定される法隆寺西院伽藍の鐘楼(平安時代)は、上下2層からなる楼造(たかどのづくり)の古式の鐘楼として、唯一の遺構である。法隆寺東院鐘楼(鎌倉時代)は、下層が裾(すそ)広がりの袴腰(はかまごし)になり、中世以降はこの形式の鐘楼が主流を占める。また、中世からは楼造とせずに、東大寺鐘楼(鎌倉時代)のように四隅に柱を立て、四方を吹き放しとするだけのものも出現する。この種の鐘楼は、鐘撞(かねつき)堂、鐘堂、鐘舎、鐘台の名でもよばれる。鐘楼は寺院において、時鐘や行事の合図を知らせるために必須(ひっす)のものであるが、仏教寺院に限らず、キリスト教の教会などでも教会堂に付属または独立して建てられており、これらは塔を形成するものが多い。[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐ろう【鐘楼】
〘名〙 (「しゅ」は「鐘」の呉音) 鐘をつるしておいてつき鳴らすための建物。古くは二重の建物だったので楼と呼んだが、のちには一重になった。鐘つき堂。鐘楼堂。しょうろう。
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「一口鐘楼長三丈一尺広一丈八尺」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐ろう【鐘楼】
〘名〙 寺院の境内にあって、梵鐘をつるしてある堂。かねつき堂。しゅろう。
※和蘭字彙(1855‐58)「klokhuis 鐘楼」
※破戒(1906)〈島崎藤村〉二三「親戚も無ければ妻子も無いといふ鐘楼(シャウラウ)の番人に長の別離(わかれ)を告げた」 〔戴復古‐海上魚西寺詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鐘楼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鐘楼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation