@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鑑定人【かんていにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鑑定人
かんていにん
Sachverständiger
裁判所または裁判官から命じられて,指示された事項に対し,自己の有する専門的な知識経験またはこれらを具体的に適用して得た法律上,事実上判断を報告する第三者 (民事訴訟法刑事訴訟法) 。なお,非訟事件強制執行において,裁判所が命じた財産価格の評価人を鑑定人ということもある。また,刑事訴訟では検察官などが嘱託したを鑑定人と呼ぶこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんていにん【鑑定人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鑑定人
かんていにん

訴訟事件の審判手続の際に、裁判所の証拠調べで特別の学識経験ある第三者の意見を徴して、裁判官の知識判断能力の補いとするための第三者を鑑定人と称する。鑑定人は、正当の理由がなくて呼出しに応じないと過料などの制裁を受ける。また鑑定人は、鑑定に際しては、「良心に従い誠実に鑑定をする」旨の宣誓書を朗読し、鑑定結果を書面で提出する。なお、裁判所が命じる以外に、検察官が捜査のために鑑定を嘱託することもある。鑑定人は裁判所の許可によって身体検査、死体解剖、物件破壊などをすることができる。

[船尾忠孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんてい‐にん【鑑定人】
〘名〙 鑑定を行なう人。鑑定をするように求められた人。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「各国より来集せる其科の名家を聚(あつ)めて裁判者鑒定人(カンテイニン)とし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんてい‐にん【鑑定人】
裁判所または裁判官から鑑定を命じられた人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鑑定人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鑑定人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation