@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【カン】

デジタル大辞泉

かん【鑑】
古代中国の青銅器の一。春秋時代に盛行した。深鉢状をした大型のたらい一種で、一対ないし二対の耳(じ)(取っ手)がつく。沐浴(もくよく)などに使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん【鑑】[漢字項目]
常用漢字] [音]カン(呉)(漢) [訓]かんがみる かがみ
反省の資となる前例や手本。「殷鑑(いんかん)亀鑑(きかん)
資料を並べて手本とする書物。「図鑑大鑑年鑑武鑑宝鑑名鑑
よしあしを見分ける。よく点検する。「鑑査鑑識鑑賞鑑定鑑別清鑑
身分・資格などを見分ける証拠。「鑑札印鑑門鑑
[補説]「鑒」は異体字。
[名のり]あき・あきら・かた・かね・しげ・のり・み・みる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かが・む【鑑】
〘他マ上二〙
※文明本節用集(室町中)「於水鑑(カガムルコト)民鑒(カガム)〔史記〕」
※樵談治要(1480)「国のまさにおこらむとする時は、神明くだりて其の徳をかがむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん【鑑】
〘名〙
① かがみ。金属製のすがたみ。また、てほん。模範。いましめ。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「人倫の鑒ありて、善く材能の士を抜擢すと雖ども、重大の事に至りては、多く他人に委せずして」
② 鑑定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんが・む【鑑】
〘他マ上二〙
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「案(つくえ)ありて書すべく読むべし、鏡ありて鑑むべし」
※想実論(1890)〈石橋忍月〉四「一つは実に鑑み二は想に鑑むべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐・す【鑑】
〘他サ変〙 鏡などに映して見る。転じて、前例に照らして考える。かんがみる。
※新聞雑誌‐七号・明治四年(1871)七月「之を要するに深く従前の弊害を鑑(カン)し遠く将来の猷謨を画す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鑑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation