@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長与専斎【ながよ せんさい】

美術人名辞典

長与専斎
蘭医・男爵藤原、名は秉継、に松香。緒方洪庵に学び、大村藩侍医となる。長崎医学校学頭、のち東京医学校校長。明治三年欧米派遣に従い、東京府下に牛痘種継所を設立。又医術開業試験制度を設けた。貴族院議員宮中顧問官。明治35年(1902)歿、65才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ながよ‐せんさい【長与専斎】
[1838~1902]医者肥前の生まれ。緒方洪庵師事長崎ポンペ西洋医学を学び、のち長崎医学校長となる。岩倉遣欧使節に随行し、帰国後、文部省医務局長・東京医学校長を歴任し、衛生行政を確立。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

長与専斎 ながよ-せんさい
1838-1902 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)9年8月28日生まれ。長与称吉・又郎・善郎,岩永裕吉の父。安政元年大坂の適塾に入門。のち長崎でポンペにまなぶ。明治4年岩倉遣欧使節団にくわわり,欧米の医事を視察。初代内務省衛生局長となり,衛生行政の確立につくした。貴族院議員。明治35年9月8日死去。65歳。名は秉。字(あざな)は秉継。号は松香。著作に自伝「松香私志」など。
【格言など】風(ふ)と荘子の庚桑楚(こうそうそ)篇に衛生といへる言あるを(おも)ひつき,……衛生局の称は茲(ここ)に始めて定まりぬ(「松香私志」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ながよせんさい【長与専斎】
1838‐1902(天保9‐明治35)
医師,衛生行政家で,日本の近代医療の確立に貢献した。松香と号する。長崎県生れ。1854年(安政1)大坂に出て,緒方洪庵の適塾に入り,58年塾頭となる。61年(文久1)には長崎の精得館に入り,ポンペに医学を学ぶ。64年(元治1)大村藩侍医となる。68年(明治1)長崎医学校学頭。71年文部省に入り,同年岩倉遣欧使節の一員として欧米の医学教育・医療制度を視察。帰国後,文部省医務局長,東京医学校校長などを経て,78年初代の内務省衛生局長となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ながよせんさい【長与専斎】
1838~1902 医者。肥前の人。号は松香。緒方洪庵に師事し、さらに長崎で西洋医学を学ぶ。岩倉遣欧使節に随行し、帰国後東京医学校校長・内務省衛生局長を歴任。日本の医事衛生制度の基礎をつくった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長与専斎
ながよせんさい
[生]天保9(1838).8.28. 長崎,大村
[没]1902.9.8.
医学者。日本における西洋医学の先駆者。肥前大村藩士。安政1 (1854) 年大坂に出,緒方洪庵の門に入り,蘭学,医学を修めたのち,長崎でオランダ人医師 J.L.C.ポンペ,C.マンスフェルトらについて蘭方を学び,長崎医学校学頭となる。明治4 (71) 年東京に出て文部省に入り,欧米を回って医学教育,医事行政を視察,帰国して文部省医務局長となり,医制を制定した。のちに東京医学校校長,元老院議官,貴族院議員となる。自伝『松香私志』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

長与専斎
ながよせんさい
(1838―1902)
医学者。明治の衛生行政機構を確立した。肥前国(長崎県)大村藩医の家に生まれ、4歳で父と死別、祖父俊達に養育される。1854年(安政1)大坂の緒方洪庵(おがたこうあん)の適塾に入り、1858年には福沢諭吉にかわって塾頭となる。1861年(文久1)長崎の精得館(せいとくかん)に入り、ポンペに医学を学び、1864年(元治1)大村藩の侍医となり、1866年(慶応2)ふたたび長崎に出て医学研究に従い、1868年(明治1)長崎医学校の学頭となる。1871年に上京し、文部省に入り、同年岩倉具視(いわくらともみ)遣欧使節団に加わったが、途中、別れて欧米の衛生事情を視察、1873年帰国。相良知安(さがらともやす)(1836―1906)にかわって文部省の医務局長となり、1874年東京医学校校長となった。1875年、文部省医務局は内務省に移り、翌1876年に衛生局と改称、長与は1891年まで衛生局長に在任し、その間、医制、創始期の衛生行政を確立し、コレラの予防などに功績を残した。長与の後任には荒川邦蔵(1852―1903)が就任したが、1892年には長与の意中の人、後藤新平(ごとうしんぺい)が衛生局長となり、その政策を推進した。退任後、長与は宮中顧問官、中央衛生会会長、大日本私立衛生会会頭などを務め、衛生行政界の大御所であった。元老院議員、貴族院議員。遺著に回想録『松香私志』がある。[三浦豊彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ながよ‐せんさい【長与専斎】
医者、医事行政家。肥前国(長崎県)の人。号は松香。緒方洪庵に師事、長崎でポンペから西洋医学を学んだ。岩倉遣欧使節に随行。医政の草案を作成。文部省医務局長、東京医学校校長などを歴任。天保九~明治三五年(一八三八‐一九〇二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長与専斎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長与専斎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation