@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長吏【チョウリ】

デジタル大辞泉

ちょう‐り〔チヤウ‐〕【長吏】
中国、の官制で、600石以上の俸禄の者。地方では200石から400石くらいの役人
寺の長として、寺務を統轄した役僧。特に、勧修寺園城寺延暦寺楞厳(りょうごん)院などで用いられ、他の寺でいう座主(ざす)検校(けんぎょう)別当などにあたる。
江戸時代、えたをいった語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうり【長吏】
古代に中国から伝わった語で,県吏・村町吏の頭立った役の者をさし,《平家物語》にも〈京師(けいし)(都)ノ長吏〉という表現がみえるが,ことに寺院社会において一寺の寺務轄する役職名として適用され,長老座主(ざす),長者,別当などの語と同義であった。一定の集団組織の〈長(おさ)〉にあたる者を〈長吏〉と呼ぶ習慣が中世末~近世初頭にもあったことは《日葡(につぽ)辞書》の〈Chŏri。チャウリ(長吏)〉のに〈Votona(ヲトナ)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

長吏
ちょうり

元来、中国では、地位の高い役人、県の最上級の役人をいうが、わが国では、延暦寺(えんりゃくじ)、園城寺(おんじょうじ)、勧修寺(かじゅうじ)など天台宗・真言宗の一部有力寺院の長老で、寺務を統轄する僧侶(そうりょ)をさす。また、加賀の白山神社など一部の有力神社でも、その長老を長吏と称している。さらに、江戸時代、一部の地方で穢多(えた)の頭(かしら)を長吏とよんだ。穢多頭弾左衛門(だんざえもん)支配地域の関東や周辺の信州などで用いられ、弾左衛門自身も長吏といわれた。また、転じて広く穢多一般の通称として用いられた所もあった。穢多である長吏は平民身分の下におかれた賤民(せんみん)身分で、過酷な差別を受けた。

[成澤榮壽]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐り チャウ‥【長吏】
〘名〙
① 中国で、吏(下級役人)の中で六百石以上の比較的俸祿・官位の高い役人。また、地方の吏では二百石から四百石ぐらいの役人。
※書紀(720)推古一六年八月(岩崎本室町時代訓)「使人(つかひ)長吏(チャウリ)(らい)蘇因高等(たち)(まう)てて懐を具(つふさ)にす」 〔漢書‐景帝紀〕
② 専門的な能力・技術をもって朝廷につかえる集団の構成員のうち、特にすぐれたもの。
※文徳実録‐仁寿二年(852)二月壬戌「古来長吏、皆懐恐怖、不敢入其部
③ 仏語。一寺院首席としてその事務を統理、総管する地位。また、その地位にある僧。特に、園城寺・勧修寺・延暦寺の横川楞厳院(よかわりょうごんいん)などで用いた称。他の寺院の座主(ざす)・検校(けんぎょう)・別当などにあたる。〔山槐記‐永暦二年(1161)四月七日〕
④ 中世、畿内、近国で、非人集団を統率する頭の称。特に、江戸時代、大坂で、与力・同心に属して犯罪人の探索や逮捕などの目明しの仕事に当たった非人の頭の称。非人の居住地として、鳶田・千日・天満・天王寺が決められ、それぞれの集団の四人の長を称した。〔大坂濫觴書一件(1674)〕
⑤ 江戸時代、主として関東での穢多(えた)の別称。もと賤民統制の職名であったが、身分の称となった。穢多頭弾左衛門の支配をうける地方在住の穢多を在方(ざいかた)長吏といい、それを支配するものを長吏小頭と呼んだ。〔地方凡例録(1794)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長吏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長吏の関連情報

関連キーワード

低圧線全国丼サミット電線バナー広告朝日訴訟朝日訴訟遣隋使重複保険補色明治大学オフィシャルグッズ(雑貨)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation