@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長岡【ナガオカ】

デジタル大辞泉

ながおか〔ながをか〕【長岡】
新潟県中部の市。もと牧野氏城下町信濃川水運で栄え、明治時代には油田の開発で発展繊維機械工業商業が盛ん。平成17年(2005)周辺5町村を、平成18年(2006)に栃尾市と3町を、平成22年(2010)に川口町を編入。旧川口町は飛び地。人口28.3万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ながおか【長岡】
新潟県中部、信濃川中流域に位置する市。近世、牧野氏の城下町。県下第二の商工業都市。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ながおか【長岡】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ながおか ながをか【長岡】
[一] 新潟県中央部の地名。信濃川の中流域にある。江戸時代は牧野氏七万四千石の城下町、信濃川水運の町として発展。明治時代に油田が開発され、繊維などの問屋の多い商工業都市として知られる。昭和五九年(一九八四)テクノポリス(高度技術集積都市)に指定。明治三九年(一九〇六)市制。
[二] 高知県の北東部の郡。吉野川上流域の山間地で、徳島・愛媛県に接する。
[三] 陸奥国の旧郡名。古くは「なかおか」といい、中世以降、栗原・遠田両郡に併合された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長岡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長岡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation