@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長崎造船所【ながさきぞうせんじょ】

大辞林 第三版

ながさきぞうせんじょ【長崎造船所】
日本の代表的な造船所。江戸時代の長崎製鉄所に始まり、明治期に長崎造船所と改称、三菱に払い下げられ、日本造船業の主力として発展。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ながさきぞうせんしょ【長崎造船所】
近代造船業の揺籃(ようらん)期から長く日本造船業の造船技術および建造能力の首座を占めつづけた,長崎市にある代表的造船所。日本造船業の代名詞的存在で,現在も三菱重工業の主力造船所として,世界有数の進水実績を誇る。造船技術の粋を集めた巨大戦艦〈武蔵〉を建造(1942完成)したのも,ここ(三菱重工業長崎造船所)であった。その起源は1857年(安政4),江戸幕府が長崎鎔鉄所を建設したことに始まる。これは修理工場で,欧米の西洋型艦船の入港増加に対処するためのものであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

長崎造船所
ながさきぞうせんじょ
明治政府の代表的官営工場の一つ
1857年に設立された幕府の長崎製鉄所が明治政府に引き継がれ,'71年工部省所管の長崎造船所となる。幕末〜明治初年横須賀造船所と並ぶ代表的造船所で,'87年三菱に払い下げられた。以後,わが国最大の民間造船所として発展を続けた。現在,三菱重工長崎造船所改称

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎造船所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長崎造船所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation