@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長州征伐【ちょうしゅうせいばつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長州征伐
ちょうしゅうせいばつ
江戸時代末期,倒幕勢力の拠点であった長州を江戸幕府が攻撃した戦い。征長の役,幕長戦争ともいう。元治1 (1864) 年と慶応2 (1866) 年の2回にわたった。第1次征長は禁門の変で敗れた長州藩に対する追討であり,尾張徳川慶勝を征討総督とした。長州藩は列国艦隊の攻撃で打撃を受けており,恭順派が藩論を支配して元治1年 12月に降伏。藩主父子は服罪した。第2次征長は慶応1 (1865) 年長州藩論が高杉晋作らの倒幕派によって再び掌握され,幕府との和平交渉も打ち切られたので,江戸幕府第 14代将軍徳川家茂みずから征討の指揮をとって,慶応2年6月から開戦となった。諸藩は開戦に消極的で,他方薩摩藩後援を得た長州藩の士気は高く,幕府軍は敗戦を重ね,8月将軍の死去を理由に征長を中止,幕府の権威は失墜した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょうしゅう‐せいばつ〔チヤウシウ‐〕【長州征伐】
幕末、江戸幕府が二度にわたり、長州藩を攻めた戦い。幕府は蛤御門(はまぐりごもん)の変を理由に、元治元年(1864)長州へ出兵したが、外国の連合艦隊の下関来襲で危機に立っていた長州藩が恭順したので戦わずに撤兵。のち、長州藩首脳のこの処置に不満を抱いた高杉晋作らの強硬派が恭順派を一掃、幕府に対抗する姿勢を示した。幕府は慶応2年(1866)長州再征を行ったが敗退し、撤兵。以後、幕府の権威は急速に失われた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうしゅうせいばつ【長州征伐】
幕末期,江戸幕府が長州藩攻撃のために起こした戦争で,第1次は未発,第2次は倒幕運動の拠点長州との全面的な軍事対決となった。第1次征長,第2次征長ともいい,この第2次征長戦を長州側では四境戦争と呼ぶ。
[第1次]
 1864年(元治1)7月18日の禁門の変(蛤御門の変ともいう)による長州軍の皇居内への発砲は,7月23日の長州追討の朝命となり,翌日,幕府は中国・四国・九州の21藩に出兵を命じ,また,その他の諸藩には京畿守備を命じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうしゅうせいばつ【長州征伐】
幕末期、徳川幕府の長州藩征討戦争。1864年7月、蛤御門の変での皇居への発砲を理由に幕府は出兵。四国艦隊下関砲撃事件により保守派に実権が移っていた長州藩は、抗戦せずに幕府に降伏(第一次)。その後、長州藩では高杉晋作らの討幕派が反乱により実権を握り、幕府と対立。幕府は66年6月再征を開始するが、諸藩の反対などで士気あがらず、挙藩体制の長州軍に各地で敗れ、再征は失敗、幕府の権威は急速に衰えた(第二次)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

長州征伐
ちょうしゅうせいばつ
1864年(元治1)、1865~66年(慶応1~2)にかけて行われた幕府による征長出兵。長州藩では第二次征長を四境(しきょう)戦争とよぶ。[吉本一雄]

第一次

1864年7月の蛤御門(はまぐりごもん)の変(禁門の変)によって長州藩追討の名目を得た幕府は、尊攘(そんじょう)派に打撃を与える意図もあって、征長を表明し出軍した。征長総督には尾張(おわり)藩主徳川慶勝(とくがわよしかつ)、副将に越前(えちぜん)藩主松平茂昭(まつだいらもちあき)があたり、西郷隆盛(さいごうたかもり)が参謀として、長州藩に謝罪降伏せしめるべく画策した。
 長州藩では、禁門の変に敗退し、また四か国連合艦隊の下関(しものせき)砲撃にも敗れたことから、尊攘派にかわって保守俗論派が政権を握り、幕府に恭順の意を示した。その証(あかし)として、まず禁門の変の責任者として福原越後(えちご)、益田右衛門介(ますだうえもんのすけ)、国司信濃(くにししなの)の3家老と4参謀の処刑、藩主毛利敬親(もうりたかちか)父子の謝罪、山口城の破却、八月十八日の政変(1863)後に長州藩に身を寄せていた三条実美(さんじょうさねとみ)以下5卿(きょう)の引き渡しなどの要求に応じた。これによって幕府は、出軍の目的を達したとして、同年12月に撤兵令を発した。[吉本一雄]

第二次

翌1865年(慶応1)になると、長州藩では保守俗論派に対して、高杉晋作(たかすぎしんさく)が下関で挙兵し、諸隊の力を得て美祢(みね)郡大田・絵堂の内訌(ないこう)戦を戦い、俗論派にかわって正義派が政権を握り、藩論を武備恭順へと転換した。この方針に従って、大村益次郎(おおむらますじろう)を登用して軍制改革を実行し、特別資金であった撫育方(ぶいくかた)の貯蓄金を放出して銃器や艦船を購入し、装備の洋式化を図り、幕府の再征に備えた。
 一方幕府は、こうした長州藩の態度を詰問して、将軍家茂(いえもち)自ら江戸城を発して上洛(じょうらく)の途につき、1866年5月には10万石削封ほかを内容とする長州藩の処分を打ち出したが、長州藩は応ぜず、6月7日の大島口での戦闘を手始めに、6月14日には芸州口、16日には石州口、17日には小倉口(こくらぐち)と、いわゆる四境で幕府軍と長州軍の戦闘が開始された。結果は幕府軍の敗走に終わり、7月に家茂が大坂城で死去したことを契機に撤兵した。以降、幕府はその権威を失墜し大政奉還へと向かった。[吉本一雄]
『小林茂著『長州藩明治維新史研究』(1968・未来社) ▽田中彰著『明治維新政治史研究』(1963・青木書店) ▽山口県地方史学会編・刊『日本の夜明け――山口県の明治維新』(1967)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうしゅう‐せいばつ チャウシウ‥【長州征伐】
幕末、江戸幕府が長州藩に対して行なった制裁と武力攻撃。元治元年(一八六四)尊攘派に打撃を与えるため、禁門の変での長州軍の皇居への発砲を理由に出兵。これに対し、四国艦隊砲撃事件以後保守派が台頭していた長州藩は、禁門の変の主謀者を処刑、恭順の意を表わし、幕府軍は戦わずに撤兵した(第一次征長)。この処置に不満を抱いた討幕派の高杉晉作らは馬関を中心に挙兵、奇兵隊ほか民兵諸隊により保守派を一掃して藩の主導権を握り、幕府に反抗した。幕府は慶応二年(一八六六)長州再征を行なったが、薩長連合のため薩摩藩は出兵を拒否し、洋式の兵器を備えた長州軍を相手に苦戦。将軍徳川家茂の死後まもなく、小倉落城を機に撤兵(第二次征長)。以後、幕府の権威は急速に失われた。長州征討、幕長戦争、長州戦争ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長州征伐」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長州征伐の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation