@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長年【チョウネン】

デジタル大辞泉

ちょう‐ねん〔チヤウ‐〕【長年】
[名](スル)
長い年月。ながねん。
ながいき。長寿。長命。「師の長年を寿(ことほ)ぐ」
少壮の年。成年。
「―の今継母に逢へり」〈太平記・一二〉
年限を重ねて奉公すること。重年(ちょうねん)。
「御婚礼までお着き申さうと存じまして、只今までとうとう―致しましたが」〈滑・浮世風呂・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なが‐ねん【長年/永年】
長い年月。久しい間。多年。「―の習慣」「―住みなれた家」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

ながとし【長年】
鳥取の日本酒。酒名は、南北朝時代南朝方武将名和長年にちなむ。米子市淀江町にあった「長年酒造」の銘柄だったが、現在は「千代むすび酒造」が受け継ぐ。蔵元の「千代むすび酒造」は慶応元年(1865)創業。所在地は境港市大正町。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうねん【長年】
スル
長い年月。ながねん。
長生き。長寿。長命。
奉公人が年期を重ねて長くつとめること。重年ちようねんこの家に四、五年も-するゆゑ/滑稽本・浮世風呂 2
少壮の年。 われ少年の昔は母を失うて、-の今継母にあへり/太平記 12

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐ねん チャウ‥【長年】
〘名〙
① ながい年月。永年。ながねん。
※文華秀麗集(818)下・神泉苑九日落葉篇〈嵯峨天皇〉「対此長年悲、含情多思」
② ながいき。長寿。長命。長齢。また、としより。
※和漢朗詠(1018頃)下「風に臨める抄秋の樹 酒に対へる長年の人〈白居易〉」 〔管子‐中匡〕
③ 少壮の年。成長した年。
※本朝麗藻(1010か)下・贈心公古調詩〈具平親王〉「少日受君業、長年識君恩
④ (━する) =ちょうねん(重年)
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「只今までとうとう長年(チャウネン)致ましたが」
⑤ としうえ。年長。〔漢書‐高五王伝・斉悼恵王肥子〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長年」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長年の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation