@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長征【ちょうせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長征
ちょうせい
Chang-zheng
1934年 10月~36年 10月中国工農紅軍が華中,華南の革命根拠地から陝西省北部へ約2万 5000華里 (約1万 2500km) の大移動を行なったことをいう。大西遷とも呼ばれる。 33年 10月から蒋介石が江西省の瑞金を中心とする中央ソビエト区に対して 50万の兵力を動員して第5次包囲攻撃を開始した結果,紅軍は 34年 10月これを放棄することを余儀なくされ,毛沢東朱徳周恩来らの率いる第1方面軍約 10万は瑞金を出て長征を開始した。第1方面軍は途中大損害を受け,兵力3万に減ったが,35年1月貴州省遵義で開かれた会議において毛沢東の指導権が確立した。その後多くの困難を乗越えて,6月四川省で張国 燾徐向前の率いる第4方面軍と合流。張国 燾は西進を主張したため,紅軍は分裂し,毛沢東は第1方面軍の一部を率いて北上,10月陝西北部の根拠地に到着した。一方,賀龍らの第2方面軍は 36年6月第4方面軍と合流,第2,第4方面軍はともに北上を決定し,10月第1方面軍と合流,全軍の長征が完了した。残った兵力は3万ほどであった。長征の過程で党の団結が強化され,通過した各地の民衆の間に共産党の政策を宣伝するなど,長征は革命の「種まき機」の役割を果したといわれ,その歴史的意義は大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう‐せい〔チヤウ‐〕【長征】
[名](スル)
長期間・長距離にわたり遠征すること。遠くまで征伐に行くこと。
1934年から1936年にかけて行われた紅軍中国共産党軍)の大移動。国民党軍に包囲された紅軍が江西省瑞金の根拠地を放棄、陝西(せんせい)省延安まで1万2500キロを行軍したこと。西遷。大西遷。
中華人民共和国の衛星打ち上げ用ロケットの名。1960年代より開発が始まり、1970年に長征1号による同国初の人工衛星の打ち上げに成功。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうせい【長征 Cháng zhēng】
1934年8月から36年10月にかけて行われた中国労農紅軍主力の戦略的大移動をいう。もっとも遠距離を行軍した部隊は2万5000華里(1万2500km)を踏破したことから〈万里長征〉とも呼ばれる(図)。 中国共産党は〈王明(陳紹禹)路線〉の政治的・軍事的誤りのために,国民政府軍の第5次包囲討伐を撃退できず,陝西北部を除く各革命根拠地(ソビエト区)の放棄をよぎなくされた。34年8月,まず紅軍第6軍団が湘贛(しようかん)根拠地から包囲を突破して西進,貴州省東部で第2軍団と合流(紅軍第2方面軍)して湖南西部に進出した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

長征
ちょうせい

1934年から36年にかけて、中華ソビエト共和国の「首都」江西(こうせい/チヤンシー)省瑞金(ずいきん/ロイチン)から陝西(せんせい/シャンシー)省北部まで、紅軍が国民党軍と戦闘を交えながら1万2500キロメートルを歩いて移動した行動。大西遷(だいせいせん)ともいう。

 長征は11省と2億の人民に紅軍の指し示す道を明らかにしただけでなく、中国共産党を不抜のものに鍛え上げる役割を果たした。5回にわたる国民党軍の包囲討伐を受けた瑞金の中央根拠地を放棄して長征に出たのは、第一に、毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)に反対する極左路線によって正規戦が行われ、軍事的に困難な状況に陥っていたこと、第二に、満州事変に直面して北上抗日を目ざしていたことがあげられる。朱徳(しゅとく/チュートー)、毛沢東など党中央の直接指導する第一方面軍は、8万余の兵力をもって、1934年10月根拠地を撤退した。これより先、賀竜(がりゅう/ホーロン)を指揮者とする第二方面軍が、湖南(こなん/フーナン)、湖北(こほく/フーペイ)、四川(しせん/スーチョワン)、貴州(きしゅう/コイチョウ)の省境地区に出ており、第一方面軍はこれと合流する予定であったが、国民党軍の激しい攻撃にあい、第一方面軍は貴州に転進、貴州省の遵義(じゅんぎ/ツンイー)を占領した。35年1月、ここで開いた中央政治局拡大会議(遵義会議)で、極左路線が否定され、党内における毛沢東の指導権が確立した。

 このあと紅軍の行動は一段と機動性を帯び、湖北、河南(かなん/ホーナン)、安徽(あんき/アンホイ)省境の根拠地を撤退して、四川省北部に出ていた第四方面軍との合流を策した。そして大渡河(だいとが)を強行渡河し、5000メートルもの大雪山を越え、苦難の行軍ののち四川の懋功(マオコン)(現在の小金)で両軍は合流に成功した。ところが第四方面軍の指揮者張国燾(ちょうこくとう/チャンクオタオ)は、党中央の方針に反対し、北上抗日せずに、西康(南西部の旧省名)と四川の辺境に居座ってしまった。毛沢東の率いる第一方面軍は北上を継続し、368日間の行軍ののちに、主力は陝西省北部に到着して新たな根拠地を開いた。一方、第一方面軍の援護作戦にあたっていた第二方面軍は、約2万の兵力で長征を行って、西康省で第四方面軍と合流した。張国燾と政治闘争の結果、両軍相携えて1936年10月、甘粛(かんしゅく/カンスー)で第一方面軍と合流、11省を通過し、18の山脈を越えて長征が終了した。全軍30万の兵力が、途中補充しながら、長征を終えて新根拠地に到着したときは約3万といわれ、その犠牲の大きさを物語っている。しかし、まもなく陝西省北部に強大な根拠地を建設し、抗日戦争を戦うに至った。他方、江西に残留した陳毅(ちんき/チェンイー)らの小部隊は、驚くべき忍耐によって戦力を保持し、のちに新四軍に発展した。

 長征は、かつてエドガー・スノーが語ったように、「ハンニバルのアルプス越えも、これに比べれば休日の遠足にすぎない」(『中国の赤い星』)大事業であり、中国革命史を彩る一大叙事詩といってよいだろう。

[安藤彦太郎]

『スメドレー著、阿部知二訳『偉大なる道』(岩波文庫)』『岡本隆三著『中国革命長征史』(1981・サイマル出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐せい チャウ‥【長征】
[1] 〘名〙 遠方へ行くこと。また、遠方へ征伐におもむくこと。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「寛仁の聖旨をもて長征(チョウセイ)の師を班されん事を」 〔王昌齢‐出塞詩〕
[2] 一九三四~三六年、中国共産党軍の行なった大移動。中国国民党軍の攻撃を回避し北上抗日を行なうため、毛沢東・朱徳らに率いられた共産党軍が江西省瑞金(ずいきん)から大行軍の末、陝西省の延安に移ったことをさす。行軍距離約一万二五〇〇キロメートル。大西遷。西遷。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

長征
ちょうせい
1934年10月から36年10月にかけて行った中国共産党軍の華北へ向けての大移動。大西遷ともいう
蔣介石率いる中国国民党軍の5回におよぶ中華ソヴィエト共和国への包囲攻撃の結果,毛沢東の率いる30万の共産軍は,1934年10月江西省の瑞金 (ずいきん) をすて,貴州・雲南・四川をへて,35年10月陝西 (せんせい) 省の北部に到着し,36年延安にはいった。行程は1万㎞以上で,目的地に達したのは3万人たらずであった。この間,1934年7月「北上抗日宣言」を,35年8月「八・一宣言」を発し,日本の中国侵略に対して抗日民族統一戦線の結成を全国民に訴えた。この結果,毛沢東の党内での指導権が確立し,華北にも解放区がつくられることとなった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長征」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長征の関連情報

関連キーワード

清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア久松静児

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation