@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長徳【チョウトク】

デジタル大辞泉

ちょうとく〔チヤウトク〕【長徳】
平安中期、一条天皇の時の年号。995年2月22日~999年1月13日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうとく【長徳】
年号(995.2.22~999.1.13)。正暦の後、長保の前。一条天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

ちょうとく【長徳】
日本の元号(年号)。平安時代の995年から999年まで、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は正暦(しょうりゃく)。次元号は長保(ちょうほう)。995年(正暦6)2月22日改元。前年から広まり始めた疾疫(天然痘(てんねんとう))などの凶事を振り払うために行われた(災異改元)。『揚雄(ようゆう)文』『城門校尉箴(じょうもんこういしん)』を出典とする命名。疫病の流行が続く中、995年(長徳1)に関白の藤原道隆(みちたか)が死去し、その後継をめぐって朝廷と藤原氏内部で政争が起こった。996年(長徳2)には、叔父の藤原道長(みちなが)と関白の座を争った藤原伊周(これちか)(道隆三男)が、花山(かざん)法皇に矢を射かける事件を起こし、大宰権帥(だざいのごんのそち)に左遷されている(長徳の変)。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうとく チャウトク【長徳】
平安時代、一条天皇の代の年号。正暦六年(九九五)二月二二日に疾疫天変により改元、長徳五年(九九九)一月一三日に長保元年となる。関白は藤原道隆、道兼。出典は揚雄の「城門校尉箴」の「唐虞長徳、而四海永懐」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長徳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長徳の関連情報

関連キーワード

藤原道兼藤原道兼藤原道隆オーラフ(1世)海底大地形吉野川可動堰犬猫の寿命クヌート正暦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation