@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長楽宮【チョウラクキュウ】

デジタル大辞泉

ちょうらく‐きゅう〔チヤウラク‐〕【長楽宮】
中国、宮殿の名。高祖が修築したもので、皇太后住居となった長信宮があった。
皇太后宮異称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうらくきゅう【長楽宮 Cháng lè gōng】
中国,前漢の長安城南東にあった城内最大の宮殿。漢の高祖が前202年に秦の離宮の興楽宮を改築,前200年に完成した。初期には朝廷として使われ,恵帝以後は太后が住んだ。近年の遺址の概測によると,東西約2.9km,南北約2.3kmの規模と推定される。宮内には前殿,臨華殿,長信宮をはじめ,長秋殿,永寿殿,神仙殿,永昌殿,鍾室などの建築があったことが知られている。【田中 淡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ちょうらく‐きゅう チャウラク‥【長楽宮】
[1] 中国、漢の宮殿の名。高祖が秦の興楽宮を修築したもので、長安(現在の陝西省西安市)の西北の隅、未央宮の東にあった。内に太后の住居となった長信宮があった。
[2] 〘名〙 皇太后宮(こうたいこうぐう)の別称。皇太后。また、皇太后の住む御殿。
※西宮記(史籍集覧所収)(969頃)一七「皇太后、母長楽宮」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長楽宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長楽宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation