@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長者教【ちょうじゃきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長者教
ちょうじゃきょう
仮名草子。作者未詳。1冊。寛永4 (1627) 年刊。「なににつけても,かねのほしさよ」と述べられているように,町人の生き方は致富に求められ,それをめぐって分別倹約,正直が説かれる。本書は近世初期に出版されてからも長く読まれ,さらに『為愚痴物語』 (62) ,『今長者物語』 (75以前) などをはじめとしてさまざまな影響を与えている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうじゃきょう【長者教】
仮名草子。作者不明。1627年(寛永4)刊。古活字版。1巻。小型の本で,巻末に〈右しゃほんのごとく開板〉とあるので,前に写本があったと思われる。江戸時代初期,町人の興隆があり,それに合わせて金持ちになる教訓を説いたもの。鎌田屋,那波(なば)屋,泉屋の3人の富豪のところへ賢い少年が訪ねてゆき,それぞれから金持ちになる秘訣を聞くという形になっている。節約才覚・家職を大切にせよというのが共通の教訓である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

長者教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長者教の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation