@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長船長光【おさふねながみつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長船長光
おさふねながみつ
鎌倉時代後期,備前国 (岡山県) 長船刀工光忠の子。法名順慶,左近将監と称する。ただし両者別人とみる説もある。正宗 (岡崎正宗) ,吉光 (→粟田口吉光 ) と並ぶ名工で,古刀には珍しく作刀が多く伝存しており,国宝,重要文化財などに指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おさふね‐ながみつ〔をさふね‐〕【長船長光】
鎌倉時代の刀工。備前の人。長船派、光忠の子といわれるが、同名が数代続いている。足利将軍の宝刀大般若長光」の作者とされる。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

長船長光 おさふね-ながみつ
?-? 鎌倉時代の刀工。
長船光忠(みつただ)の子。備前(岡山県)長船にすみ,長船派隆盛のもとをきずいた。名物「大般若(だいはんにゃ)長光」など6口(ふり)が国宝指定で,作刀年紀は文永11年(1274)から嘉元(かげん)2年(1304)まである。同名が2代あるとされ,初代を順慶長光,2代を左近将監(さこんのしょうげん)長光とよんでいるが異説もあり,また一人説もある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

長船長光
おさふねながみつ

生没年不詳。鎌倉中期(13世紀)の備前(びぜん)国(岡山県)長船派の刀匠。同派の始祖光忠(みつただ)の子と伝えられ、一門に子の景光をはじめ近景(ちかかげ)、真長(さねなが)、長元(ながもと)、景政(かげまさ)らを輩出して繁栄をみた。作風は光忠に近い丁子乱(ちょうじみだれ)華やかな作から、小丁子に互(ぐ)の目(め)の交わるもの、直刃調に互の目や小丁子の交わるものまで、作域は広い。その作刀に1274年(文永11)から1304年(嘉元2)まであり、古来、同名2代あると伝えられている。初代の法名を順慶(じゅんけい)として順慶長光とよび、正応(しょうおう)(1288~93)以降の左近将監(さこんしょうげん)長光銘のものを将監長光とよんで2代としているが、順慶と二字銘の作刀はまったく長光の作風と異なり、別人とする説が強く、さらに二代説にも研究の余地がある。

[小笠原信夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

長船長光
おさふねながみつ
生没年不詳
鎌倉時代の刀工
備前(岡山県)長船村に居住。この村からはすぐれた刀鍛冶が出て,長船物として名高く,長光はその長船派の代表者とされる。代表作に『太刀名物大般若 (はんにや) 長光』などがあり,鎌倉の岡崎正宗,京都の栗田口吉光などと並称された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おさふね‐ながみつ をさふね‥【長船長光】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長船長光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長船長光の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation