@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長講堂【チョウコウドウ】

デジタル大辞泉

ちょうこう‐どう〔チヤウコウダウ〕【長講堂】
《「ちょうごうどう」とも》京都市下京区にある浄土宗の寺。正称法華長講弥陀三昧堂。もと後白河法皇が六条の仙洞(せんとう)御所に設けた持仏堂に始まる。六条長講堂。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうこうどう【長講堂】
後白河法皇がその御所の六条殿のうちにつくった持仏堂。はじめ京都六条西洞院にあった。法華長講弥陀三昧堂の略称で,法華経長期にわたって講義し,あわせて阿弥陀仏を念じて三昧境に入る道場のことを意味する。したがって本来固有名詞ではなく,院政期には多くの貴族たちがこうした持仏堂をつくったが,歴史上この後白河法皇の建立したものが最も有名で,単に長講堂といえばこれを指す。文献上の初見は,1185年(文治1)であるが,創建は1183‐84年(寿永2‐元暦1)ころと推定されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ちょうこう‐どう チャウコウダウ【長講堂】
(古くは「ちょうごうどう」とも) 京都市下京区本塩竈町にある西山浄土宗の寺。もと真言律宗。嘉応元年(一一六九)後白河法皇が御所六条殿内に持仏堂として創建。貴賤を問わず、あらゆる人の亡魂を回向(えこう)し、法華経を講読した。天正六年(一五七八)豊臣秀吉が現在地に移転。六条長講堂。後白河法華堂。六条御所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長講堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長講堂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation