@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長靴【チョウカ】

デジタル大辞泉

ちょう‐か〔チヤウクワ〕【長靴】
製の長ぐつ。軍隊で、乗馬の際や防寒のために用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なが‐ぐつ【長靴】
ゴムや革で作った、ひざ下まである長い靴。雨雪・水作業・乗馬などに使用する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ながぐつ【長靴】
革またはゴムなどで作ったひざのあたりまで届く深い靴。古くから日本では,黒革製でが長く,雨天のときに公家が履いた深沓(ふかぐつ)や,積雪量の多い地方を中心に広く用いられたわらぐつ(藁沓)などがあったが,近代的な長靴は明治初年に乗馬用の革製のものが作られ,軍人や警察官が使ったのが最初で〈ちょうか〉と呼ばれた。ゴム製の長靴は,1905年にアメリカから輸入されたのが最初で,3年後の08年に東京の三田土ゴム合名会社が輸入品に刺激されて試作したが,これはまったくの試作に終わった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちょうか【長靴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐か チャウクヮ【長靴】
〘名〙 皮革製のながぐつ。乗馬、防寒用に用いた軍用の靴。
※海軍服装規則‐明治一九年(1886)六月三日「准士官以上正服略服或は夏服を着する時乗馬若くは雨雪等の際には長靴を用ふることを得」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なが‐ぐつ【長靴】
〘名〙 革またはゴムなどで作った、膝の辺まで届く深い靴。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉初「どる銀一六蝙蝠(かうもり)(ナガ)ぐつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長靴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長靴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation