@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

長音【チョウオン】

デジタル大辞泉

ちょう‐おん〔チヤウ‐〕【長音】
長くのばして発音する音。⇔短音
音声学上の用語。ある音節母音を長くのばし発音。普通には語音として定まった、通常の短い音節の2倍の長さにのばすもの。例えば、「おかあさん」の「かあ」の部分は「かの長音」という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうおん【長音】
ある音節の母音を長くのばして発音するもの。「おばあさん」「ゲーム」の「ばあ」「ゲー」の類。 ⇔ 短音

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

長音
ちょうおん
長く引き延ばして発せられる音。「お母(かあ)さん」「十(とお)」「お姉(ねえ)さん」「小(ちい)さい」「数(すう)」「多(おお)い」のカー、トー、ネー、チー、スー、オーを、一般にカの長音、トの長音、ネの長音、……というようによぶ。普通の長さ(1音節)の2倍の長さ(2音節)と意識されている。これを音韻論的にどう位置づけるかは説が分かれるが、金田一(きんだいち)春彦は、短い音節のあとに「引き音節」(長音音素)がついたものと解釈する。現代東京語では、オバサンとオバーサン、オニさん(鬼さん)とオニーサンなどの対立例が示すごとく、長音と短い音ははっきり区別されているが、平安時代までさかのぼると、このような明確な区別はなかったと考えられる。漢語の場合は、たとえば、「塀」はていねいな発音ではヘイであるので、これをヘの長音とはみないのが普通である。また活用語の末尾、たとえば「食う」「聞いて」「美しい」を長音とみるかどうかは説が分かれる。[安田尚道]
『金田一春彦著『日本語音韻の研究』(1968・東京堂出版) ▽服部四郎著『新版 音韻論と正書法』(1979・大修館書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐おん チャウ‥【長音】
〘名〙
① 長くのばして発せられる音。ちょういん。〔劉伶‐北芒客舎詩〕
② ある音節の母音を延長した発音。歌や臨時的強調のための延長もあるが、普通には語音として定まった、通常の短い音節の倍の長さに延ばすものをいう。「おかあさん」「おとうさん」の「かあ」「とう」の部分など。これらを「かの長音」「との長音」などという。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「各々唱ひ、声々異なり、長音耶許声(〈注〉きやり)に変る者は問はずして役夫なるを知り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation