@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

門付【カドヅケ】

デジタル大辞泉

かど‐づけ【門付(け)】
[名](スル)《「かどつけ」とも》人家の門前に立って音曲を奏するなどの芸をし、金品をもらい受けること。また、その人。「角付けして歩く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かどづけ【門付】
人家の門前に立ち,報酬を受けるのを目的として演ずる者,およびその芸能。元来は時節を定めて神が祝福に訪れるという民間信仰の形態に発し,古くは,声聞師(しようもじ)(唱門師)などの特定の村人や下級神人(じにん)などが,決められた時期に各家の門ごとをまわるものであったが,しだいに転落し,もっぱら米銭を乞う乞食芸になりさがった。季節を定めて訪れる芸能には,近世以前に新春千秋万歳(せんずまんざい),松囃子,傀儡子(くぐつ)(傀儡)などがあったが,江戸時代には,万歳,春駒,鳥追大黒舞獅子舞,ものよし,猿回し,ちょろけん,夷回し(えびすまわし)(夷舁き(えびすかき)),太々神楽(だいだいかぐら),鹿島事触れなどが初春に姿をみせ,節分には厄払いが門ごとをまわった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かどづけ【門付】
スル
人家の門口で雑芸を演じたり、経を読んだりして金品を乞うこと。また、それをする人。万歳・厄払い・人形回し・門説経その他がある。 家々を-して歩く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

門付
かどづけ
大道芸、巷間(こうかん)芸能の一つ。人家の門口に立って芸能を見せ、報酬を受ける芸能と芸能者の総称。古くは時節を定めて門ごとに神が訪れて祝福を垂れたという民俗信仰に端を発し、その神の姿をして来訪する神人の印象が色濃い芸能であった。門付の芸能の歴史は、古く宮廷に芸能をもって仕える来訪神(まれうど)であった祝言人(ほがいびと)を発生の源とする。「正月を祝(ことほ)ぐ」などという用語例にその昔のこれら下級神人の性格の残影がうかがわれる。荘園(しょうえん)制度が強固になり、土地経済が主流を占めるようになって、雑芸(ぞうげい)、雑伎(ざつぎ)をもって宮廷や大寺社に属していた民たちは流浪の雑芸者となっていった。中世においては「七道者(しちどうもの)」と称されて、猿楽(さるがく)、アルキ白拍子(しらびょうし)、アルキ御子(みこ)、鉦叩(かねたた)き、鉢叩き、アルキ横行(おうこう)、猿飼(さるかい)の7種がその代表的なもの(大乗院寺社雑事記)であったが、戦国時代から近世に入ると、にわかにその種類を増してくる。そうなると、もともとはある特定の季節とか、「ハレ」の日などの定まったときに限って訪れたものであったが、生活のために芸能の代価を求めるようになると「常(つね)」の日にも門々を訪れるようになり、ついには乞食(こじき)芸に堕落してしまった。
 江戸時代、穢多頭(えたがしら)の弾左衛門の支配を受けていた多くの門付芸人がいたが、千秋万歳(せんずまんざい)や猿回しなどといったごく一部のものを除くと、ほとんどが近世に入って発生したか、もしくは古い芸種の名を用いながらも内容のさま変わりしたものであった。その数は膨大であったし種類も多いが、芸内容によって分類すると次のとおりである。[織田紘二]

厄払い芸系

厄払(やくはら)い、ちょろけん、胸叩(たた)き、節季候(せきぞろ)、婆等(うばら)、すたすた坊主、狐舞(きつねまい)、風神(かぜのかみ)送り、鉢叩き。節分にやってくる厄払いを除くと、年の暮れに旧年の厄を払うために訪れるものがほとんどである。[織田紘二]

祝福芸系

松囃子(まつばやし)、懸想文売(けそうぶみう)り、千秋万歳、猿回し、傀儡子(かいらいし)、物吉(ものよし)、春駒(はるこま)、ほめら、鳥追い、福俵、大黒舞(だいこくまい)、お福さん、かせどり。初春は門付芸人の稼ぎどきであるため、古風を残す芸種がやはり集中している。[織田紘二]

御祓い芸系

獅子舞(ししまい)、太神楽(だいかぐら)、半田稲荷(いなり)、わいわい天王、住吉踊、神事舞太夫(たゆう)、鹿島(かしま)の事触れ、鳥足行人(ちょうそくぎょうにん)、淡島願人(あわしまがんにん)。この種にも正月にやってくるものが多いが、淡島願人のように季節にかかわりなく、女性の病気を治す御祓(おはら)いをして晒(さらし)布を売り歩くものもあったようで、かなり近世的な色が濃くなってくる。[織田紘二]

祭文・説教芸系

祭文(さいもん)語り(山伏祭文、歌祭文、説教祭文、浮かれ節、ちょんがれ節、でろれん祭文など)、瞽女(ごぜ)、歌念仏、門説経、八挺鉦(はっちょうがね)、間(あい)の山、門談義、葛西(かさい)踊、虚無僧(こむそう)、琵琶(びわ)法師、四つ竹、あるき巫女(みこ)。ほとんど季節とは関係がなくなり、大道芸と称したほうがぴったりの芸種である。
 祭文や説教といった信仰に深く根ざした世界から近世を経て浪花節(なにわぶし)や講談、落語といった大衆娯楽芸能を生み出した日本人は、江戸時代に多くの「物乞(ものご)いの芸能」を生ぜしめた。謎(なぞ)解き、大道講釈、太平記読み、辻(つじ)謡曲、乞食芝居(一人二役俄(にわか)芝居)、よいやなァ、独り狂言、声色(こわいろ)遣い(役者物真似(ものまね))、笠(かさ)人形、長松(ちょうまつ)小僧、藁(わら)人形、丹波(たんば)の荒熊、船頭非人、可愛(かわ)いがって、一人相撲(ずもう)、腕香(うでこう)など、その数は枚挙にいとまがないほどである。明治の法界屋や近代の流しの演歌師などにまでその伝統は受け継がれたが、広場としての大道を失い、高層化して門をもたなくなった現代、そのほとんどを失ってしまったようである。[織田紘二]
『宮尾しげを・木村仙秀著『江戸風俗資料1 江戸庶民街芸風俗誌』(1979・展望社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かど‐づけ【門付】
〘名〙 (「かどつけ」とも)
① 人家の門口で芸能を見せ、金品をもらい受けること。また、その人。季節的な万歳(まんざい)などと、季節に関係ない人形回し、門説経などがある。門付け芸。化他(けた)
※雑俳・柳多留‐六五(1814)「門附(かトづけ)に出るは万歳すがれ也」
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉一一「小さな指人形を持って町から町を門附けして歩き」
② (①が新内節で行なわれるのが最も多かったところから) 新内節の異称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

門付」の用語解説はコトバンクが提供しています。

門付の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation