@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

門徒【もんと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

門徒
もんと
本来はある宗門またはある寺院檀信徒をいうが,普通門徒という場合には,真宗信者さし,同宗は門徒宗とも呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もん‐と【門徒】
宗門を同じくする寺院の僧侶。
宗門を同じくする信徒。浄土真宗の信者をいう。
門徒宗」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もんと【門徒】
本来は門下につらなる人の意味で,門人,門葉と同義であるが,日本では古くは本寺配下の末寺寺院,僧徒をさし,さらに真宗(一向宗)が発展してくると,この宗派在俗信者をさす言葉として使われることが多くなった。そのため真宗は門徒宗ともいわれている。これは,真宗では在俗のままでも出家者と同じく弥陀および宗祖親鸞の門葉=門徒として平等であるという意識が強く,これに基づいて在俗者の宗教活動が他宗以上に活発であったことによる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

門徒
もんと

仏教用語。『梵摩渝経(ぼんまゆぎょう)』その他にみられ、古代からあることば。初めは、門下、門人、門葉を意味し、末寺寺院の僧侶(そうりょ)をさす。その後、俗を含んだ同信者の集団をも門徒といい、親鸞(しんらん)の門弟の場合、地名を冠して、高田門徒、鹿島(かしま)門徒などと称した。さらに下って浄土真宗では、もっぱら在俗の信者を門徒といった。檀家(だんか)・檀徒(だんと)を門徒と通称し、それを基盤に成り立つため、真宗を俗に門徒宗ともよんだ。

[北西 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もん‐と【門徒】
〘名〙
① 門下につらなる人。門人。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「常告門徒曰。〈略〉我師之勧誘、妙趣在茲也」
※文机談(1283頃)一「孝時はきりゃうもいみじく稽古もいたれるによりて、当世の人おほくこの流をくめり。公家・武家、かれが門徒なり」 〔後漢書‐鄭玄伝〕
② 宗門を同じくする寺の信者。檀徒。あるいは、その宗門の門跡の下に属する寺院。また、一宗の中で分派をみた門派とそれに属する徒輩をもいう。
※観智院本三宝絵(984)下「その門徒此寺につたはりすみて此会をとりおこなふ」 〔東京夢華録‐巻一〇〕
③ 特に、浄土真宗の信徒。また、浄土真宗をさしてもいう。門徒宗。
※蓮如上人遺徳記(1524)「当時に至て門徒も繁昌し」
※浮世草子・本朝二十不孝(1686)三「浄土は二十八日を祝ふに門徒(モント)は精進日といへり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

門徒
もんと
仏教界で同門の徒
中世以降は特に関東地方の初期浄土真宗において,高田門徒・鹿島門徒などと呼んだ。他の宗派が一門僧侶を門徒と呼ぶのに対し,真宗では在家の信者を門徒と呼んでおり,真宗のことを門徒宗とも呼ぶ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

門徒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

門徒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation