@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

門柱【カドバシラ】

デジタル大辞泉

かど‐ばしら【門柱】
門(もん)の柱。
《門口の柱が店の構えを代表する意から》店構え。
「五間口七間口の―の主にと念願を立てて」〈浄・油地獄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん‐ちゅう【門柱】
門に立てる。もんばしら。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

門柱
一般的に、道路住宅境界線の作られるに対して、その両サイドにある柱の事を指す。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かど‐ばしら【門柱】
〘名〙
① 門(もん)の柱。
※新撰六帖(1244頃)二「おのづから朽ち残たる門ばしらわが家いかで建てなほさまし〈藤原信実〉」
② 店構え。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)中「一はたらきかせぎ、五間口・七間口のかどばしらの主にと、念願を立てこそ商人(あきんど)なれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん‐ちゅう【門柱】
〘名〙 門に立てるはしら。もんばしら。
※倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「恰も巨人の門柱の如く左右に屹立して居る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん‐ばしら【門柱】
〘名〙 門に立てる左右対の柱。もんちゅう。〔羅葡日辞書(1595)〕
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉三「自然木の門柱(モンバシラ)に取り附けた柴折戸」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

門柱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

門柱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation