@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

門歯【モンシ】

デジタル大辞泉

もん‐し【門歯】
哺乳類のの一。歯列中央に上下2~6枚ずつあり、物をかみ切る働きをする。切歯。前歯。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もんし【門歯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

門歯
もんし

哺乳(ほにゅう)類にみられる四種類の歯のうちの一つで、切歯(せっし)ともいう。上下のあごのそれぞれの歯列の中央にあり、円錐(えんすい)形または、のみ形をした歯で、多くは単一の歯根をもつ。多くの草食獣で門歯は変形しており、なかには消失してしまったものもある。ウシ、ヒツジ、シカなどの反芻(はんすう)動物では、上顎(じょうがく)の門歯が退化し、消失している。ゾウの牙(きば)は、上顎の門歯が著しく伸長したものである。ネズミなどの齧歯(げっし)類では、堅いものをかじるために、上下の門歯がよく発達し、一生の間伸長を続ける。ヒトの場合は、中切歯(第一切歯)と側切歯(第二切歯)から構成される。

[高橋純夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もん‐し【門歯】
〘名〙 哺乳類の歯の一種。歯列の中央にあり、歯冠はのみ状をしている。多く歯根は単一。人では切歯(せっし)と呼ばれ、上下四本ずつの計八本ある。
※動物小学(1881)〈松本駒次郎訳〉上「諸属物を噛むに適切せる尖りたる鑿状の門歯」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

門歯
もんし
切歯」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

門歯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

門歯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation