@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

閃亜鉛鉱【せんあえんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

閃亜鉛鉱
せんあえんこう
sphalerite; zincblende
ZnS 。等軸晶系の鉱物繊維亜鉛鉱 (六方晶系) とは同質異像。結晶は四面体,十二面体,六面体のものが多く,普通塊状で産する。硬度 3.5~4,比重 3.9~4.1。脂肪または亜金属光沢,鉄分の多いものは金属光沢。純粋のものは白色,分が多くなるにつれて緑,黄,黒色になる。鉄,マンガンなどを含むことが多く,鉄の含有量は最高 26%に達する。ときに摩擦発光し,紫外線およびX線でケイ光を発する。亜鉛の重要な鉱石鉱物接触交代鉱床熱水鉱床方鉛鉱などを伴って産する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐あえんこう〔‐アエンクワウ〕【×閃亜鉛鉱】
硫化亜鉛主成分とする鉱物。純粋なものは白から淡黄色、鉄を含むと褐色から褐黒色。ふつう四面体結晶で塊状・粒状など。等軸晶系亜鉛の重要な鉱石

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

閃亜鉛鉱
せんあえんこう
sphalerite

亜鉛のもっとも普通の鉱石鉱物の一つ。ウルツ鉱と同質異像関係にあり、これについては数種類の多型相が知られている。低~中熱水鉱床、接触交代鉱床(スカルン型鉱床)、黒鉱鉱床、ある種の含銅硫化鉄鉱床、深海のスモーカー(熱水からの沈殿物が堆積(たいせき)した煙突状の構造物)周辺堆積物などの中に産し、黄銅鉱、黄鉄鉱、方鉛鉱、四面銅鉱などとよく共存する。自形は正四面体を基調としたものが多く、晶洞(鉱床中の空洞)に発達する。日本の産地としては、秋田県小坂(こさか)町小坂鉱山(閉山)、宮城県鶯沢(うぐいすざわ)町(現、栗原(くりはら)市鶯沢)の細倉鉱山(閉山)、岐阜県神岡鉱山(閉山)、長崎県対馬(つしま)市厳原町(いづはらまち)対州(たいしゅう)鉱山(閉山)など。英名は、ギリシア語の「あてにならない」を意味するスファレロスにちなむ。方鉛鉱に似ているのに、鉛が抽出できないことによる。

[加藤 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐あえんこう ‥アエンクヮウ【閃亜鉛鉱】
〘名〙 亜鉛と硫黄を主成分とする鉱物。亜鉛の重要鉱石。ふつう少量の鉄・カドミウムなどを含み黄褐色、褐色などで透明または半透明、鉄を多く含むものは黒色でほとんど不透明。金属光沢や樹脂光沢を呈する。結晶は四面体、八面体などで等軸晶系。粒状、塊状、繊維状などで接触交代鉱床・熱水鉱床中などに産する。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閃亜鉛鉱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

閃亜鉛鉱の関連情報

関連キーワード

顔料原子層成長陰極線ルミネセンスエレクトロルミネセンスウルツ鉱セン亜鉛鉱(閃亜鉛鉱)II-VI族化合物半導体閃亜鉛鉱型構造硫化亜鉛摩擦ルミネセンス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation