@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

閃長岩【せんちょうがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

閃長岩
せんちょうがん
syenite
中粒ないし粗粒の等粒組織を示し,構成鉱物が他形を有するアルカリ岩系の貫入岩火山岩粗面岩に相当する。アルカリ長石主成分とし,斜長石の量は全長石量の3分の1以下。色指数は 10~40程度。石英は多くの場合含まれない。准長石類を特に多く含むものは准長石閃長岩として区別する。分類上,斜長石量が増加して,ほぼアルカリ長石量に等しいものをモンゾニ岩といい,石英量の多いものを花崗岩とする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんちょう‐がん〔センチヤウ‐〕【×閃長岩】
深成岩の一。カリ長石曹長石を主とし、若干の黒雲母(くろうんも)角閃石輝石などを含む、完晶質で粗粒の白っぽい岩石。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

閃長岩
古くはシエナ地方の角閃石花崗岩の名称であった[Pliny : 77].この岩石はpyrrhopoecilon(赤い点紋があるという意味)と呼ばれている.ウェルナーはこの岩石名をドレスデン近くのプラウエン(Plauen)産の石英角閃石長石岩に使用しsienitと呼んだ[Werner : 1788].ウェルナーのsienitは後にプラウエン岩(plauenite)と呼ばれた.アウイはこの名称を顕晶質の角閃石正長石岩で正長石が多い岩石に用いた[Haüy : 1822].この岩石にはオリゴクレースと黒雲母が含まれている[Rose : 1849].オージャイトを含むものもある[Lasaulx : 1875, Rath : 1875].様々な岩石に用いられた名称であるが,現在では閃長岩は明るい色の顕晶質の岩石で,主としてカリ長石と副成分には長石量の1/3以下のオリゴクレースまたはアンデシンからなり,一種類か複数の有色鉱物を含む岩石に用いている.有色鉱物には角閃石が特徴的であるが,単斜輝石,角閃石,黒雲母,ときに橄欖(かんらん)石も少量含まれる.特に角閃石が特徴的である.化学組成は粗面岩に相当する.石英が含まれることがあり,5%以上含まれるものは石英閃長岩というが10%を超えることはない.斜長石が増えるとモンゾニ岩から閃長閃緑岩さらに閃緑岩へと移行するか,モンゾニ岩から閃長斑糲(はんれい)岩,斑糲岩へと移行する.SiO2に不飽和の場合にはネフェリンなど准長石を伴い,ネフェリン閃長岩となる.エジプト,アスワンの古い地名のシエナ(Syene)による.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんちょうがん【閃長岩】
完晶質で粗粒状をなす深成岩。カリ長石を多く含み、有色鉱物として角閃石・黒雲母・輝石のいずれかを含む。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

閃長岩
せんちょうがん
syenite
石英をほとんど含まない(5%以下)か、まったく含まず、アルカリ長石をおもな構成鉱物とする粗粒で完晶質の火成岩。火山岩では粗面岩に相当する。アルカリ長石がさまざまな色を呈するので、閃長岩もアルカリ長石の色に応じて灰、緑、ピンク、赤などいろいろな色のものがある。アルカリ長石の量は長石全体の3分の2以上。アルカリ長石の割合が少なくなるとモンゾニ岩monzonite(黒雲母(うんも)、角閃石、輝石などからなる完晶質粗粒の深成岩)になる。少量の苦鉄質鉱物を伴う。閃長岩には(1)アルカリが比較的少ないものと、(2)アルカリに富むものとがあり、(1)と(2)では造岩鉱物も産出する地質環境も異なる。(1)はアルカリ長石(正長石、正長石パーサイト、微斜長石)、斜長石(灰曹(かいそう)長石(オリゴクレース))、石英、黒雲母、ホルンブレンド、磁鉄鉱、チタン鉄鉱、燐灰(りんかい)石、チタン石、ときには白雲母、普通輝石(オージャイト)、コランダム、(2)はアルカリ長石(正長石、アノーソクレス、微斜長石、曹長石)、黒雲母、アルカリ角閃石(アルベゾン閃石、リーベック閃石、ヘスティング閃石など)、チタンに富む普通輝石、エジリン輝石質普通輝石、磁鉄鉱、チタン鉄鉱、燐灰石、ときには霞(かすみ)石、方沸石などの沸石、ざくろ石からなり、石英をほとんど含まない。石英あるいは霞石を5~20%含む場合はそれぞれ石英閃長岩、霞石閃長岩とよばれる。(1)は造山帯に、モンゾニ岩や花崗(かこう)岩に伴って、(2)はアルカリ岩石区に、アルカリ花崗岩や準長石を含む岩石に伴って産出する。建築用石材に用いられる。英名の由来は、古代ローマの大プリニウスがシエネSyene(現在のアスワン)産の花崗岩に対して用いたことによる。[千葉とき子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんちょう‐がん センチャウ‥【閃長岩】
〘名〙 正長石を主とし、少量の斜長石を含む深成岩。有色鉱物として少量の角閃石・黒雲母などを含み、粗粒で完晶質。装飾用。建材として用いる。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閃長岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

閃長岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation