@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

開化派【カイカハ】

デジタル大辞泉

かいか‐は〔カイクワ‐〕【開化派】
朝鮮の李朝末期、からの独立明治維新にならった改革を目標とした政治的党派。1882年の壬午(じんご)の変後、金玉均朴泳孝らを中心に結成守旧派事大党)と対立し、1884年、独立を目ざして甲申事変を起こしたが失敗。独立党

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいかは【開化派】
朝鮮の近代的改革をめざして1884年の甲申政変,1894‐95年の甲午改革を主導した政治家集団。独立党ともいう。一般に,甲申政変を主導した金玉均,朴泳孝,洪英植らを急進的開化派,甲午改革を主導した金弘集,金允植魚允中,兪吉濬らを穏健的開化派という。清国との事大(宗属)関係に固執し旧体制を持続しようとした守旧派と対決し,奪権闘争によって君権変法をめざしたのが急進的開化派であり,守旧派と妥協しながら漸進的に改良を積みあげようとしたのが穏健的開化派である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

開化派
かいかは
朝鮮の李(り)朝末期における政治的党派。「開化」という語は日本の「文明開化」から輸入したものである。日本の「文明開化」が欧米文明の受容による近代化を意味したのに対し、朝鮮の「開化」は欧米文明の受容による近代化に加えて、当時の朝鮮が服属していた清(しん)からの独立という意味を含んでいた。開化派が明確に形成されたのは、壬午(じんご)軍乱(1882)における興宣(こうせん)大院君のクーデターが、日・清両軍の出兵によって鎮圧されて以降である(決定的役割を果たしたのは清軍)。このクーデターの失敗によって、対外政策をめぐる開国派と鎖国攘夷(じょうい)派の対立は開国派の勝利に終わった。しかし、これ以後、朝鮮に対する清の宗主権が強まったため、開国派は守旧派(事大党)と開化派(独立党)とに分裂した。守旧派は清との関係を朝鮮の外交の基軸に据える勢力で、清の洋務運動をモデルとした。開化派は清からの独立を目ざす勢力で、日本の明治維新をモデルに近代化を進めようとした。守旧派の人物としては金允植(きんいんしょく)、魚允中(ぎょいんちゅう)らが、開化派には金玉均(きんぎょくきん)、朴泳孝(ぼくえいこう)らがあげられる。金玉均らは福沢諭吉の影響を強く受けていた。開化派は1884年に清からの独立を目ざしてクーデターを試みたが失敗に終わった(甲申(こうしん)政変)。開化派の著作としては、朴泳孝『国王への上疏(じょうそ)』(1888)、兪吉濬(ゆきつしゅん)『西遊見聞』(1895)などがとくに有名である。[原田 環]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

開化派
かいかは
李氏朝鮮末期の政治家集団。独立党ともいう
開化思想により,日本にならって政治改革を断行し,従来の清依存をやめて自主独立の国とすべきことを主張,事大党と対立した。1884年,日本の援助で甲申 (こうしん) 政変を起こしたが,清の反撃のためにつぶされ,指導者の金玉均・朴泳孝らは日本に亡命,のち金は暗殺された。1894年再び政権を握ったが,親露派に追われた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開化派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開化派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation