@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

開口数【かいこうすう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

開口数
かいこうすう
numerical aperture
光学器械,おもに顕微鏡レンズ分解能や光像の明るさを表わす数値。略号 NAを用いる。対物レンズ鏡筒に刻んであり,数が大きいほど光学器械性能がよい。一般に,屈折率 n の媒質中にある光軸上の物点からの光が,対物レンズの有効半径に対して入射する角を θ とするとき,開口数は NA=n sin θ で表わされる。媒質が空気のときは,n=1 であるから NA= sin θ になる。顕微鏡では開口数を増すために,対物レンズと物体のカバーガラスとの間を,屈折率の大きい液体で浸す液浸法が使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいこう‐すう【開口数】
光学顕微鏡対物レンズ解像力を示す量の一。光軸上の物体からレンズの有効半径を見る正弦と、物体の存在する媒質屈折率との。この値が大きいほど解像力がよい。NA(numerical aperture)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいこうすう【開口数 numerical aperture】
光学系の明るさおよび分解能を表す量(略号,NA)。媒質の屈折率をn,光軸上の物点から出る光線が入射ひとみ(光学系の有効口径)の半径に対して張る角をαとしてn・sinαで表される。例えば顕微鏡では区別して見ることのできる物体の2点間の最小距離を解像限界と呼び,これは無収差結像の場合0.61λ/NAで与えられる(λは使用波長)。すなわち解像限界は開口数に逆比例して決まり,倍率によるのではない。顕微鏡対物レンズには倍率とともに開口数の値が必ず表示してあるのはこのためである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

開口数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開口数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation