@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

開墾【かいこん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

開墾
かいこん
山林を切り開いて農地宅地,道路,水路などにすること。一般的には,伐木→刈払い→火入れ抜根→荒起し→砕土順序で行われる。昔はほとんど人力で行われたので,ある程度の生産力をもち,畜力で耕作できる耕圃になるまでには数年を要したが,第2次世界大戦後は荒起し作業まで機械開墾方式が普及している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐こん【開墾】
[名](スル)山野を切り開いて農耕できる田畑にすること。「原野を開墾する」
[補説]書名別項。→開墾

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいこん【開墾】[書名]
原題、〈スペインTala》チリの女性詩人ミストラルの第三詩集。1938年、アルゼンチンブエノスアイレス刊行。「ターラ」「タラ」とも。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいこん【開墾】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいこん【開墾】
スル
山野を切り開いて新しく田畑にすること。 荒れ地を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐こん【開墾】
〘名〙
① 山林や原野を切り開いて、耕地にすること。
※続日本紀‐養老六年(722)閏四月乙丑「以備水旱、仍委所司、差発人夫、開墾膏腴之地良田一百万町」 〔宋史‐太祖紀〕
② 明治一七年(一八八四)の地租条例で第二類地、すなわち池沼、山林、原野、雑種地に労力や費用をかけて、第一類地、すなわち田、畑、郡村宅地、市街宅地、塩田、鉱泉地とすること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開墾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開墾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation