@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

開戦【カイセン】

デジタル大辞泉

かい‐せん【開戦】
[名](スル)戦争を始めること。⇔終戦
「吾国既に清朝と―す」〈独歩・愛弟通信〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいせん【開戦】
国際法上の戦争状態の開始を意味し,これにより交戦国間に戦争法が適用され,外交関係の断絶等の効果を一般には生ぜしめる。開戦にはいずれか一方の国による〈戦意の表明animus belligerendi〉を必要とする。これは明示または黙示外部に表示されねばならないが,慣習法上定まった形式はない。1904年の日露戦争での明示の戦意表明のない開戦に対する批判を契機に,07年のハーグ平和会議で〈開戦に関する条約〉が成立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいせん【開戦】
スル
戦争を始めること。戦闘を開始すること。 ⇔ 終戦 突如-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

開戦
かいせん
commencement of war
戦争の開始をいう。国際法上、戦争は国家の一方的な意思表示で開始される。このような意思の表示には、明示的な表示と黙示的な表示とがある。もっとも、1907年にハーグ平和会議で署名された「開戦に関する条約」(日本は1912年に加入)は、理由を付した開戦宣言の形式または条件付開戦宣言を含む最後通牒(つうちょう)の形式をもつ明示的かつ事前の通告なくして戦争を開始できないことを規定した。この条約は、事前の明示的な開戦の意思表示を要求することによって、奇襲攻撃を防止しようとするものであった。41年の日本の真珠湾攻撃は、この条約の違反を構成するといわれている。もっともこの条約は、開戦の意思表示と実際の開戦の間の時間的間隔を制限していないから、奇襲攻撃防止の機能をこの条約に期待することは、当初からほとんどできなかった。最近では侵略戦争の違法性が一般に確立しているから、戦争開始の方式に関する法規制は意味を失っている。違法行為である侵略=攻撃戦争について、その開始の方式を定めることは論理的に不可能だからである。[石本泰雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐せん【開戦】
〘名〙 戦争状態にはいること。戦闘を開始すること。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「早晩開戦に及ぶべき有様なれども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開戦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation