@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

開田【かいだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

開田
かいだ
長野県南西部,木曽町北西部の旧村域。御嶽山の北東斜面にある。標高 1100m前後の高冷地で,山に囲まれる。 1889年村制施行。 2005年木曽福島町,日義村,三岳村と合体して木曽町となった。近世から木曾駒 (木曽馬) の産地として知られ,1960年代後半に一時衰退したものの,観光乗馬として復活した。米作と高冷地野菜やソバの栽培を行なう。高原観光地として開発を進めており,スキー場,別荘地などがある。木曽福島との境界をなす地蔵峠からの御嶽山や乗鞍岳眺望はみごとである。一部は御岳県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいでん【開田】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいでん【開田】
未開の地を開墾して田畑とすること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

開田
かいだ
長野県南西部、木曽郡(きそぐん)にあった旧村名(開田村(むら))。現在は木曽町の北西部を占める。2005年(平成17)木曽福島(きそふくしま)町、日義(ひよし)村、三岳(みたけ)村と合併し木曽町となる。旧開田村は御嶽山(おんたけさん)の北東麓(ろく)にある隔絶山村。御嶽火山の標高1000~1200メートルの高所にあり、JR中央本線木曽福島駅から乗り継ぎを含む西野行きバスで約40分。交通の関係で、木曽谷よりは岐阜県側と交渉があった。木曽馬の保護と育成のため、他の観光施設と複合した「木曽馬乗馬センター」が開設されている。現在は30頭ほどが飼育されている。ほかに「木曽馬トレッキングセンター」もある。キャンプ場のある開田高原のほか、幕末からの資料や、木曽馬などを展示する開田郷土館や、別荘地、温泉入浴施設がある。[小林寛義]
『『開田村誌』上下(1980・開田村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐でん【開田】
〘名〙 荒れ地などを、新たに切りひらいて田畑とすること。また、その田地。墾田。
※大安寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)二月一一日「開田卅町、未開田代四百七十町」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation