@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

開発領主【かいはつりょうしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

開発領主
かいはつりょうしゅ
「かいほつりょうしゅ」とも読み,根本領主ともいう。荘園時代,自力未墾地を開発して,その所有となった地方豪族をさし,その所有地が売却寄進されてのちも,下職 (げすしき。→下司〈げし〉) ,預所職など実質的な支配権を留保した場合が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいはつ‐りょうしゅ〔‐リヤウシユ〕【開発領主】
未墾地を開発してその土地の所有者となった者。平安中期以後、中央の社寺貴族に土地を寄進し、その支配権を保留して荘官となる者が多かった。かいほつりょうしゅ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいはつりょうしゅ【開発領主】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かいほつりょうしゅ【開発領主】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

開発領主
かいはつりょうしゅ

「かいほつりょうしゅ」が本来の読み方。根本(こんぽん)領主ともいわれるように、未墾地を初めて私力で開発し、その領有権を有する者をいう。主として地方豪族である。墾田活動が盛んとなった平安中期から登場し始め、史料のうえでは普通、領主・私領主、あるいは地主として表される。その開発地=所領は、私領として進退領掌する権利を認められたが、田租をはじめとする諸課役を国衙(こくが)から負わされており、所領を排他的、独占的に領有できたわけではない。そこで領主のなかには、国衙の干渉を排除するために、下地進止(したじしんし)権(土地の実質的支配権)を留保した形で、権門勢家に所領を寄進する者が少なくなかった。これにより所領は名目上権門の荘園(しょうえん)とされ、その権威をもって不輸租化が図られた。そこでこれを寄進地系荘園と称している。所領寄進後の私領主は、一定の年貢その他を権門に進める一方、下司(げし)とか預所(あずかりどころ)とよばれて荘務にあたった。そこでこの権利を下司職(しき)とか預所職といい、子孫への相伝も認められたが、権門との力関係によっては、その荘務権・下地進止権を吸収されたものもある。開発領主の出現は平安中期以降国土の開発を推進したが、その結果開発地の新旧地名を領主の名字として用いることが多くなった。これを名字の地という。また、その開発や耕営にあたり周辺の農民と結ばれた関係を基盤として、開発領主が棟梁(とうりょう)となり、名主百姓を郎党や兵とする地方武士団が形成された。鎌倉時代の法律書『沙汰未練書(さたみれんしょ)』に、御家人(ごけにん)は根本領主、私領主と称する人々であるとしているように、開発領主は鎌倉幕府の標準的御家人となった階層である。

[村井康彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいほつ‐りょうしゅ ‥リャウシュ【開発領主】
〘名〙 古代末から中世にかけて、未開墾の土地を私力で開発してその所有者となった者。開発地に対して、開発者は絶対的所有権を持つという観念のもとに、その土地に特別の強い支配権を認められた領主。かいほつりょうす。かいほつの領主。根本領主。開発地主。
※吾妻鏡‐文治元年(1185)二月一九日「当庄根本者、開発領主散位俊成奉彼山之間、別当湛快令領掌之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいはつ‐りょうしゅ ‥リャウシュ【開発領主】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

開発領主
かいはつりょうしゅ
未開墾地を開墾してその所有(領有)者となった者
「かいほつりょうしゅ」とも読み,根本領主ともいう。多くは地方豪族で,平安中期以後,自己の所領保全,利権の確立強化を目的として,中央の有力な寺社・貴族に所領を寄進。自身は,預所 (あずかりどころ) ・下司・地頭など荘官としての職掌をもって,現地支配の権限を留保しておくことが多い。こうして,本家・領家・荘官という階層的な荘園領有関係(荘園制)が完成された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開発領主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開発領主の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation