@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

開白【カイビャク】

デジタル大辞泉

かい‐びゃく【開白】
法会または修法の初めに、勧請(かんじょう)の本尊に祈願の趣旨や事項などを申し述べること。表白(ひょうびゃく)。啓白(けいびゃく)。
「十一面観音の像を造り、因りて―し供養することすでに訖(を)はりき」〈霊異記・下〉
法会の初日。
「五月二十四日は―なり。二十五日は第二日なり」〈盛衰記・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐びゃく【開白】
〘名〙
① 法事の初めに供養の趣旨などを仏に申し上げること。啓白(けいびゃく)。表白(ひょうびゃく)。開啓。
※霊異記(810‐824)下「彼の十一面観音の像を造り、因りて開白し供養(くやう)すること已に訖はりき」
② 法会の初日。
※古今著聞集(1254)八「五月十三日、最勝講の開白(かいびゃく)の日、この女ありしさまをあらためて」
③ (②から転じて) 催事などを開始すること。
※草根集(1473頃)一〇「将軍家にて光源氏の物語読進談申べきよし、飛鳥井中納言雅親卿承にて、此日開白し侍してたびたびまゐりけるに」
※大乗院寺社雑事記‐康正三年(1457)三月八日「抑信貴山は聖徳太子の開白、村上天皇の再興」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開白」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開白の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation