@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

開花ホルモン【かいかホルモン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

開花ホルモン
かいかホルモン
flowering hormone
日長条件の変化により花芽形成を誘導する植物ホルモンのこと。フロリゲンと命名され,日長条件の変化を認識した葉で合成されて花芽形成部位に移動する。移動は生きている組織間でのみ可能である。しかし,その移動の速度まで計測されているにもかかわらず,いまだに化学構造は分かっていない。開花ホルモンは長日・短日植物両方の花芽形成を誘導しうることから,このホルモンは1種類と考えられてきたが,最近では疑問視されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいか‐ホルモン〔カイクワ‐〕【開花ホルモン】
植物の先端に作用し、花芽形成を起こさせるホルモン。花成素。花成ホルモン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいかホルモン【開花ホルモン】
花芽の分化を促進する植物ホルモン。花成ホルモン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいか‐ホルモン カイクヮ‥【開花ホルモン】
〘名〙 (ホルモンはHormon) 植物の花芽の形成を促進させると推定される物質。葉で作られ、茎の生長点に移動して作用するとされるが、まだ抽出されていない。花成ホルモン。花成素。花芽形成ホルモン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開花ホルモン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開花ホルモンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation