@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

開花【カイカ】

デジタル大辞泉

かい‐か〔‐クワ〕【開花】
[名](スル)
草木の花が咲くこと。「梅がいっせいに開花する」
物事が盛んになること。また、成果が現れること。「市民芸術の開花」「日ごろの努力が開花する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいか【開花】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいか【開花】
スル
草木の花が咲くこと。 高山植物がいっせいに-する
物事が盛んになること。 町人文化が-する
成果となって現れること。 実力が-した

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

開花
かいか
植物の生殖器官である花が開く現象をいう。草本性植物では、植物体はある期間の栄養成長を終えると、茎頂または側芽で花芽が形成される。これは、栄養成長のときの葉原基(発生初期の胚状(はいじょう)の葉)の分化が花原基の分化に切り替えられるためである。この切り替えは、それぞれの植物種に固有の遺伝情報に基づくものであるが、多くの場合、光や温度などの環境要因の影響を受ける。形成された花芽は発達して大きくなり、最後に開花して生殖作用を行う。以下、花芽形成のための諸条件に触れる。[勝見允行]

光周条件

ある種の植物には、花芽形成のために1日24時間のうち、長い夜、あるいは短い夜にさらされることが必要とされるものがあり、それぞれ短日(長夜)植物、長日(短夜)植物とよばれる。これらの植物は、いずれも暗期(夜の期間)が花芽形成の決め手となる。たとえば、オナモミのような短日植物では、必要な暗期(約9時間以上)の真ん中で短時間でも光を照射すると(光(こう)中断という)、花芽形成がおこらない。したがって、短日植物の花芽形成には一定以上の連続した暗期が必要なことがわかる。これと反対に、ソラマメのような長日植物では、花芽形成のおこらない長い暗期の条件下で光中断を行うと、花芽形成がみられる。つまり、長日植物の花芽形成は一定以下の短い暗期のときにのみおこるわけである。
 光中断に有効な光の波長は赤色光である。赤色光照射に引き続き遠赤色光(近赤外光)を照射すると、光中断の効果は打ち消されるので、光条件を感知して、諸機能を調節するタンパク質色素であるフィトクロムが関係していることが考えられる。
 暗期に対して明期(昼の時間)は光合成を行う期間として重要である。短日植物ではいくら十分に長い暗期を与えても、暗期に入る前に光合成が十分行われないと花芽形成が抑えられる。[勝見允行]

花成ホルモン

植物が光周刺激を受けるのは葉である。ソ連の植物生理学者チャイラヒヤンM. H. Chailakhyanは、葉で花成ホルモンがつくられて芽に移動し、その働きで花芽形成がおこると考え、このホルモンをフロリゲンflorigenと名づけた(1937)。花成ホルモンの存在は次のような接木(つぎき)実験で証明される。短日処理をしたオナモミを長日条件で育てているオナモミに接木すると、どちらにも花芽形成がみられる。また、長日植物と短日植物の接木では、どちらの光周条件下でも両者に花芽形成がみられる。このような事実は、花成ホルモンが一方の個体から他方の個体へ移動したことを示すものである。花成ホルモンの本体については、多くの研究がなされているが、まだわかっていない。[勝見允行]

温度条件

花芽形成のために、一定期間、低温の時期を経なければならない植物がある。たとえば、秋播(ま)きコムギは、種子が発芽した状態で0~10℃に数週間置かれると生育してから花芽を形成する。ヒヨスやニンジンのように成体の状態で低温期を必要とする植物もある。このように低温処理により花芽形成を可能にすることを春化(しゅんか)(バーナリゼーション)という。二年生植物には低温期のあと長日条件を要求するものがある。春化処理によって、花成ホルモンが生成されるかどうかは明らかでないが、ジベレリン(植物ホルモン)が春化処理に置き換わる場合が多い。[勝見允行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐か ‥クヮ【開花】
〘名〙
① 花が咲くこと。つぼみが開くこと。また、咲いた花。
※正法眼蔵(1231‐53)嗣書「大梅祖師きたりて、開華せる一枝の梅華をさづくる霊夢を感ず」 〔沈約‐三月三日率爾成章詩〕
② 物事が盛んになること。女子が女として成熟すること。また、努力などの結果が現われること。
※故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉七「内心は問はず外面は飽く迄穏かな開花を続けてゐたのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開花」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開花の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation