@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

間作【かんさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

間作
かんさく
の一種で,1作物の間に他の作物を栽培すること。その際,前から作付けされていたものを前作あるいは前作物といい,あとから作付けされるものを後作あるいは後作物という。土地の利用を集約し,また幼苗が生長した作物の保護を受けることにもなり,地力の維持に有効な場合もある。しかし,作業上の不便が多いほか,後作物が生長して日光や通風をさえぎり,地温を低め特殊肥料分の欠乏を招いて,前作にを与えることもある。輪作の場合にも前作,後作という呼称が用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐さく【間作】
[名](スル)
畑の畝(うね)と畝との間、または株と株との間に別の作物を栽培すること。
農作物の収穫後、次の作物を作りはじめるまでの期間を利用して、野菜などを栽培すること。あいさく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あい‐さく〔あひ‐〕【間作】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんさく【間作 intercropping】
ある作物の栽培期間中にその畝間あるいは株間に他の作物を栽培すること。果樹,茶,などの永年生の作物の間に野菜,ムギ,コンニャク等を栽培する全期間作と,ムギの間にダイズ,おかぼ,サツマイモ,タバコ等を作るように,栽培の一部の時期が重なる短期間作の二つの型がある。気象や経営の条件によっていろいろな作物の組合せが行われる。その目的は,適期に播種して生育期間を確保し収量を高めること,前作によって寒害干害風害病虫害などから後作を保護すること,土地利用率を高めることである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんさく【間作】
スル
ある作物の畝うねと畝の間や株と株の間に他の作物を栽培すること。あいさく。
輪作の一。ある農作物の収穫後、次の農作物を栽培するまでの間を利用して、野菜などを栽培すること。あいさく。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

間作
かんさく
ある作物のうね間あるいは株間にほかの作物を作付けすること。この場合、2作物の収穫物は別々に扱われ、一般には栽培時期や収穫期がずれる。間作方式は、土地利用率を高めるばかりでなく、前作の存在により後作の初期生育が有利となることが多い。たとえば、ムギ類のうね間にスイカやタバコの苗を移植したり、サツマイモの苗を挿すと活着が優れる。一方、後作は前作の日陰になったり、大型機械の導入がむずかしいなどの欠点がある。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐さく あひ‥【間作】
〘名〙
① ある農作物を収穫した後、次の作物をまきつけるまでの期間に野菜などを作ること。かんさく。
※尾張検地古伝(1775)「土性、水掛之善悪を知り、裏作、間作之有無を見分」
② 農作物の畝間(うねま)、または株間(かぶま)に別の農作物を栽培すること。かんさく。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「綿や甘藷畠の間作(アヒサク)に丈の高い唐蜀黍の植った、畦の日蔭へ道を変へて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐さく【間作】
〘名〙
① 混作の一つ。主要農作物の植えてあるうねの間に、他の作物を栽培すること。または、苗木が生長するまでの期間を利用して、その株の間に穀物などを栽培すること。また、その作物。
※春と修羅(1924)〈宮沢賢治〉習作「すぎなを麦の間作(カンサク)ですか」
② 輪作の一つ。主要農作物を栽培し終えて、その畑地の空いている期間を利用して野菜などを栽培すること。また、その作物。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation