@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

間接侵略【カンセツシンリャク】

デジタル大辞泉

かんせつ‐しんりゃく【間接侵略】
外国の反政府団体などに物的・財政的・軍事的援助を与え、大規模な武装蜂起(ほうき)・内乱などを起こさせること。→直接侵略

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんせつしんりゃく【間接侵略】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんせつしんりゃく【間接侵略】
外国による教唆・指導・支援あるいは干渉により引き起こされた大規模な内乱・騒擾そうじよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

間接侵略
かんせつしんりゃく
indirect aggression
外国に直接武力で攻撃を加えることを直接侵略というのに対して、外国の反政府団体を操作し、これに物的、財政的または軍事的援助を与え、武装蜂起(ほうき)、内乱などを促す形態で行われる侵略をいう。この用語自体は第二次世界大戦以後のものであるが、その観念は、たとえば1933年に反革命を警戒するソ連が若干の国と結んだ侵略の定義に関する諸条約にも表れている。第二次大戦中はドイツの第五列の工作が注目され、国連憲章制定当時に、このような行為の禁止が問題となったが、結局、憲章にはなんらの規定も設けられなかった。しかし各国は、相互の条約(たとえば旧日米安保条約第1条)や国内法(たとえば自衛隊法第3条)で、しばしば間接侵略の観念を導入している。1970年に国連総会で採択された諸国間友好関係宣言は、「すべての国家は、他の国家において内戦行為またはテロ行為を組織し、教唆し、援助を与え、もしくはそれらに参加すること」などを慎む義務を有するといい、74年に国連総会で採択された侵略の定義に関する決議は、「重大な武力行為を他国に対して実行する武装集団、団体、不正規兵または傭兵(ようへい)の国家による、もしくは国家のための派遣、またはこのような行為に対する国家の実質的関与」を侵略行為の一形態としている。いずれも間接侵略という用語は用いていないが、実質的に間接侵略の違法性を確認したものといってよい。[石本泰雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんせつ‐しんりゃく【間接侵略】
〘名〙 内乱など国家の安定を内部から崩そうとする動きに対する、外部からの不法な支援。直接武力攻撃を加える直接侵略に対していう。
※自衛隊法(1954)三条「直接侵略及び間接侵略に対しわが国を防衛することを主たる任務とし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

間接侵略
かんせつしんりゃく
直接侵略」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間接侵略」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間接侵略の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation